ヒーローインタビュー速報【セリーグ/全試合 全文掲載中】

プロ野球 セリーグのヒーローインタビューを速報でお伝えします

2022年9月21日 巨人・畠投手 ヒーローインタビュー【全文】

【試合結果:  巨人 2-1 DeNA】 

畠「チームに流れを持ってこようと一生懸命腕を振って投げました」

 

それではジャイアンツファンの皆さん、お待たせいたしました、今日のヒーローは畠世周投手です。ナイスピッチングでした。

 

(畠)ありがとうございます。

 

1点リードの5回から5回6回2イニング、強力ベイスターズ打線ピシャリ6人で抑えました。どういうピッチングになりましたか?

 

(畠)チームに流れを持ってこようと一生懸命腕を振って投げました。

 

その流れという点で言いますと、6回の表、チームが満塁のチャンスで得点することができなかった、ベイスターズの流れになりそうなその6回も4番の牧選手から、ここも3人で抑えましたね。

 

(畠)何とか相手に流れをやらないようにっていうピッチングを心がけていきました。

 

今シーズン残り試合も少なくなってきました。かなりチームとしてそして投手陣としてもモチベーション高い状態で挑めてますか、いかがでしょうか?

 

(畠)1戦1戦大切になってくるので、がんばって腕を振って行こうと思います。

 

そして今日の2イニング無失点のピッチングで畠投手今シーズン3勝目となりました。この勝利について聞かせてください。

 

(畠)もっと勝利を重ねたり、ホールドを重ねることができたらいいなと思います。

 

今シーズン25試合目の今日が登板でした。まだ登板のチャンス当然あると思いますが、どういうピッチング見せたいですか?

 

(畠)もっと投げれるように頑張っていきたいと思います。

 

最後にチームとしても今クライマックスシリーズ進出争いというところで、負けられない試合があって、そして畠投手の力投で今日勝ちました。今後の試合について力強いお言葉で締めてください。

 

(畠)これから1戦も落とせないんで、しっかり腕を振って行こうと思います。応援よろしくお願いします。

 

ありがとうございました。見事3勝目、ナイスリリーフでした。畠世周投手でした。