ヒーローインタビュー速報【セリーグ/全試合 全文掲載中】

プロ野球 セリーグのヒーローインタビューを速報でお伝えします

2022年8月17日 DeNA・ソト選手、平田投手、入江投手 ヒーローインタビュー【全文】

【試合結果:  DeNA 7-3 巨人】 

ソト「打った瞬間ホームランになると思いました」

平田「すげぇなと思いながら見てました」

入江「とりあえず気合いって感じで行きました」

 

横浜スタジアムにお越しのベイスターズファンの皆様、お待たせいたしました、ヒーローインタビューです。投打のヒーロー御三方にお越しいただいています。ソト選手、平田投手、そして入江投手です。

さぁまずは打のヒーロー、ソト選手に伺います。ナイスバッティングでした。見事なホームランでした。

 

(ソト)アリガトウゴザイマス。

 

6回、勝ち越しの2ランホームラン、あのバッターボックス振り返ってください。

 

(ソト)大事な追加点だと思います。ストライクゾーンに来たら良いスイングができるように意識してまして、打った瞬間ホームランになると思いました。

 

かなりダイヤモンド1周する間、興奮した姿も見えましたが、改めていかがですか?

 

(ソト)特に今日のホームランは今日の試合にとって勝ちにつながるホームランだったので、本当に良い試合ができたというのでエキサイトしました。

 

その勝ちにつながるという意味では昨日も菅野投手から勝ち越しホームラン放っています。2戦連発これについてはいかがでしょう?

 

(ソト)すごく嬉しいですし、状態がすごく良いのでこういう試合に勝ち続けることが野球をやっている上で好きなので、この調子を続けていきたいと思います。

 

ソト選手が6番にいるというのは相手チームにとってかなりの脅威になっていると思います。最後に明日の試合以降に向けてもメッセージをお願いします。

 

(ソト)たくさんの皆さん、たくさんのお客様が入っていただき、応援していただいて本当にありがとうございます。昨日も今日もたくさんの応援届いています。これからも引き続き応援よろしくお願いします。

 

打のヒーロー、ソト選手でした。それでは投のヒーロー二人にお話を伺っていきます。まずは平田投手です。6回の登板ナイスピッチングでした。

 

(平田)ありがとうございます。

 

3対3同点、非常に重要なマウンドだったかと思います。どういう心境でマウンドに行きましたか?

 

(平田)久々の登板だったので、しっかりバッターと勝負しようという意識で上がりました。

 

相手は5番ポランコ選手から始まる打順でした。三者凡退きっちりと仕事しましたね。

 

(平田)はい。

 

もう一言その三者凡退についてコメントいただいてもいいですか?

 

(平田)前回ポランコ選手にホームラン打たれてたので、しっかりやり返してやろうという気持ちで投げました。

 

その後にお隣ソトさんの勝ち越し2ランホームランが生まれて、ベンチではどういう思いで見てましたか?

 

(平田)すげぇなと思いながら見てました。

 

平田さん、そのホームランによって今シーズン4勝目になりました。いかがでしょう?

 

(平田)大事な場面で投げさしてもらっているので、しっかり期待に応えれるように頑張りたいと思います。

 

リリーフ陣としましてはその平田さん、お隣の入江さん、最後のエスコバーさん、4イニングノーヒットに抑えました。このリリーフ陣好調ですね。どうでしょう?

 

(平田)僕はたまたまだと思うんですけど、入江とエスキーはいつも頑張ってるんで、当然の結果かなと思います。

 

今シーズン4勝目、平田投手でした。ナイスピッチングでした。

 

(平田)ありがとうございます。

 

先輩から当然という言葉もありました、入江投手です。ナイスピッチングでした。

 

(入江)ありがとうございます。ありがとうございます。ありがとうございます。

 

入江さん、今日は大事な場面、回またぎ2イニング行きましたが、どういう心境でマウンドに立ちましたか?

 

(入江)とりあえず気合いって感じで行きました。

 

リリーフ陣の代表格の山崎さんが守護神が今日ベンチから外れている中で入江さんに求められる役割非常に大きかったと思いますがいかがですか?

 

(入江)勝ちパターンの人たちを少しでも休めさせられるように、もう1イニング行くぞと言われた時は後ろの人を投げさせない気持ちでマウンドに上がりました。

 

入江さん、その結果が14試合連続無失点です。この好調どう捉えてますか?

 

(入江)こんだけ盛り上がってくださってほんとに嬉しいです。

 

そして入江さん、チームとしても横浜スタジアム13連勝となりました。どうでしょう?

 

(入江)本当にもう最高の一言に尽きると思います。

 

勝負の終盤戦、8月そして9月もかなり試合が詰まっていまして、入江投手の役割もっともっと大きくなると思いますが、今後に向けてチームを代表して最後に一言お願いします。

 

(入江)暑い日が続きますが、引き続き応援よろしくお願いします。

 

ナイスピッチングでした。投打のヒーロー御三方、ソト選手、平田投手、そして入江投手でした。