ヒーローインタビュー速報【セリーグ/全試合 全文掲載中】

プロ野球 セリーグのヒーローインタビューを速報でお伝えします

2022年8月16日 広島・森下投手、矢野選手、堂林選手 ヒーローインタビュー【全文】

【試合結果:  広島 5-0 中日】 

森下「ギリギリのホームランを打ってくれた・・・嘘です。ほんとに助かりました」

矢野「ボールどこや、どこや、みたいな感じで回ってました」

堂林「初球から積極的に行こうと思って、最高の結果が出ました」

 

放送席、放送席、そしてマツダスタジアムにお集まりのカープファンの皆様、ヒーローインタビューです。今日のヒーローは3人いらっしゃいます。まずはお一人目2試合連続完封で10勝目を挙げました森下暢仁投手、そしてプロ初ホームランを放ちました矢野雅哉選手、最後に2本のホームランを放ちました堂林翔太選手です。

それではまず森下投手からお話を伺っていきます。2試合連続の完封勝利です。今のお気持ちいかがでしょうか?

 

(森下)疲れました。

 

今日は大学の先発、柳投手との投げ合いということで特別のマウンドになったかと思います。どんな気持ちでマウンドに上がりましたか?

 

(森下)絶対に勝つっていう気持ちでマウンドに上がりました。

 

序盤の3回は得点圏にランナーを背負うシーンというのが非常に多かったわけですが、どんなことを意識して投げていましたか?

 

(森下)とにかく点取ってもらったんで、ゼロで抑えようという気持ちで投げました。

 

今、点を取ってもらったという話がありましたが、その横に立っている矢野選手そして堂林選手のホームランというのが非常に大きかったんではないですか?

 

(森下)いきなり初回からすごい当たり打ってもらったのと、打席の前で行くんじゃないか、行くんじゃないかというギリギリのホームランを打ってくれた・・・嘘です。ほんとに助かりました。

 

そして9回のマウンドに上がる時にはですね、この球場ファンの皆さんから大きな拍手が起きました。その拍手というのは非常に勇気になったんじゃないですか?

 

(森下)本当に鳥肌が立ちました。ありがとうございます。

 

そして2年ぶりの二桁勝利、10勝目となりました。今のお気持ちいかがでしょうか?

 

(森下)10勝は目標にしていたので、何とか行くことができてよかったです。次もがんばります。

 

ではお隣の矢野選手にお話を伺っていきます。今日はですね、お立ち台今立ってますけれども、ちょっと緊張した表情も伺えます。どんな景色が見えていますか?

 

(矢野)いや、もう分かんないっす。

 

景色は分かんないですか?

 

(矢野)すいません。

 

チームが非常事態の中、今日はスタメンで起用される形になりました。どんな思いで試合に入っていきましたか?

 

(矢野)何とか自分のできることをやろうというふうに気持ちを込めて試合に出てました。

 

そうした中、2回にチャンスで打席が回ってきました。打った打球がライトスタンドに吸い込まれていく瞬間を見てご自身の気持ちというのはどうだったでしょうか?

 

(矢野)まだ野球人生で2本目だったので、入ったかどうかわかんなかったんで。

 

人生で2本目だったんですね。ダイヤモンド1周回っている時はちょっと疑心暗鬼というか疑っているような感じではあったんですか?

 

(矢野)ボールどこや、どこや、みたいな感じで回ってました。

 

それでも難しいカットボールを捉えていきました。手ごたえというのはご自身ではいかがだったでしょう?

 

(矢野)手ごたえはあったんですけど、あそこまで飛ぶとは思ってなかったです。

 

その後ホームランボールが帰ってきたかと思います。そのホームランボールというのは今どこにあるんでしょうか?

 

(矢野)今、どこ?どこ? たぶん裏にあります。

 

まだ手にしたわけではないですか?

 

(矢野)はい、まだです。

 

もしそのホームランボールを手にした後というのは今後どうされるんですか?

 

(矢野)親にあげようと思ってます。

 

そして今日もですね、こうやって矢野選手のプロ初ホームランに対しても大きな拍手が送られてますが、今日のファンの皆さん暑い中でも声援を送ってくださいました。ファンの皆さんにメッセージお願いします。

 

(矢野)もう最高です。ありがとうございます。

 

さぁそれでは最後、今日2本のホームランを放つ3安打の活躍を見せました堂林選手、ナイスバッティングでした。

 

(堂林)ありがとうございます。

 

最初のホームランを見事初球を捉えていきましたが、どんな気持ちであそこは打席に入っていたんでしょうか?

 

(堂林)初球から積極的に行こうと思って、最高の結果が出ました。

 

当たりも手ごたえも完璧だったように見えるんですが、ご自身としてはいかがでした?

 

(堂林)ここ最近にない最高の当たりでした、はい。

 

そして2本目のホームランというのはライナー性でポール際に飛んでいきました。あのリプレイ検証中どういった思いで待っていたんでしょうか?

 

(堂林)手袋もヘルメットも全部つけて待ってました。

 

と言う事はご自身の中で、もしかしたらファールかもしれないという、ちょっとはあったんですか?

 

(堂林)僕からは分かんなかったんで、でもベンチ行ったらみんなホームランだよ、とは言ってくれたんですけど、気持ちだけは抜かないようにはしてました。

 

結果、あのホームランというのは試合展開の中でも大きな1点になったかと思います。あのホームラン改めて振り返っていかがだったでしょうか?

 

(堂林)結果はたまたまですけど、良い追加点になったと思ったのでよかったです。

 

さぁこれでチームは連敗ストップとなります。また明日からもゲームが続いていきますが、意気込みをお願いします。

 

(堂林)やっぱりコロナで何人か抜けてしまいましたけど、こういう時だからこそチーム一丸となって戦っていきたいと思います。また明日からも応援よろしくお願いします。

 

ありがとうございました。今日のヒーローは森下投手、矢野選手、そして堂林選手でした。