ヒーローインタビュー速報【セリーグ/全試合 全文掲載中】

プロ野球 セリーグのヒーローインタビューを速報でお伝えします

2022年7月16日 広島・長野選手 ヒーローインタビュー【全文】

【試合結果:  広島 11-4 巨人】 

長野「感触はあんまり覚えてないですけど、フェンスを超えてくれてよかったです」

 

放送席、放送席、そして東京ドームにお集まりのカープファンの皆様、今日のヒーローはもちろんこの方、2打席連続ホームラン5打点の大暴れ長野久義選手です。ナイスバッティングでした。

 

(長野)ありがとうございます。

 

まずは2打席連続ホームラン、試合を終えた今の率直な気持ちを教えてください。

 

(長野)まず勝てたことによかったです、はい。

 

今シーズンの第1号となるソロホームラン、続く打席ではグランドスラムを放ちました。それぞれの感触手ごたえをぜひ教えてください。

 

(長野)感触はあんまり覚えてないですけど、フェンスを超えてくれてよかったです。

 

7月の12日に1軍に再昇格を果たしました。それまではファームでの調整もあったと思います。ファームではどんな思いで調整を続けていたんでしょうか?

 

(長野)若い選手達と一緒に泥んこになりながら、どんどん走ってバット振って帰ってきました。

 

昨日の磯村選手の延長での満塁ホームラン、それから今日の長野選手の活躍をきっかけにカープ打線もどんどん勢い付いてきたような印象がありますが、チーム雰囲気、状態いかがでしょうか?

 

(長野)雰囲気は負けてても勝ってても変わらなく、みんな明るくやってますんで、すごく盛り上がってます。

 

これでジャイアンツに2連勝しまして、現時点で単独2位に浮上しました。過酷な真夏の9連戦まだ今日で折り返しを迎えたばかりです。明日以降に向けての意気込みをファンの皆様に力強い一言お願いします。

 

(長野)そんなに順位は気にしてないと思うんですけど、目の前の1試合1試合を全力で頑張っていきたいと思います。

 

今日のヒーローは見事な2打席連続ホームラン長野久義選手でした。ありがとうございました。

 

(長野)ありがとうございました。

 

放送席、どうぞ。