ヒーローインタビュー速報【セリーグ/全試合 全文掲載中】

プロ野球 セリーグのヒーローインタビューを速報でお伝えします

2022年7月15日 阪神・青柳投手、北條選手 ヒーローインタビュー【全文】

【試合結果:  阪神 2-1 中日】 

青柳「全然良くなかったんですけど、梅野さんに助けられましたし、何より北條のホームランのおかげでここに立つことができました」

北條「打った自分が1番びっくりしてるかなと思います」

 

放送席、放送席、そしてタイガースファンの皆さん、お待たせしましたヒーローインタビューです。今日は投打のヒーローにお越しいただきました。今シーズン10勝目を挙げました青柳投手、そして見事な逆転2ランホームラン北條選手です。まずは青柳さんからお話を伺います。今シーズンの10勝目、2年連続の2桁勝利となりました。まずは今のお気持ちから教えてください。

 

(青柳)普通に嬉しいですし、この甲子園で10勝目挙げられたことが嬉しいです。

 

今日は6回1失点という投球内容でした。ご自身で振り返ってみていかがでしたか?

 

(青柳)全然良くなかったんですけど、梅野さんに助けられましたし、何より北條のホームランのおかげでここに立つことができました。

 

改めてそのホームランの瞬間というのはベンチからどうご覧になってましたか?

 

(青柳)打った瞬間は見てなかったんですけど、入ってからはほんとにすごい喜びました。

 

その後3回の表にはノーアウト2塁のピンチもありました。あの場面はどう切り抜けましたか?

 

(青柳)ピンチばっかりだったので、梅野さんを信じて、梅野さんのミットに投げることだけに集中しました。

 

6回までゲームを作って、そして7回以降は頼もしいリリーフ陣が無失点で抑えてくれました。この辺りはベンチからどう見てましたか?

 

(青柳)うちのリリーフなら大丈夫だと思ってましたし、いつも助けられっぱなしなので、次の試合はリリーフを使わないで勝てるぐらい頑張りたいと思います。

 

さて青柳さん、今日10勝目を手にしましたが、去年はセリーグ1番乗りの10勝でした。そして今年は両リーグ1番乗りの10勝となりました。この点はいかがでしょうか?

 

(青柳)1番は嬉しいことですけど、何よりも僕が投げた試合にチームが1勝でも多く勝てるようにと思っているので、僕の勝ちよりもチームが勝てたのが嬉しく思います。

 

ありがとうございます。まずは青柳投手にお話を伺いました。続きまして見事な逆転2ランホームラン、北條選手にお話を伺います。自らのホームランが決勝点になりました。今どんなお気持ちですか?

 

(北條)打った自分が1番びっくりしてるかなと思います。

 

あの場面ですが、久しぶりのスタメンでそして第一打席、いきなりチャンスで回ってきました。1アウトランナー2塁のチャンス、どんな気持ちで打席に向かいましたか?

 

(北條)忘れたんですけど、ちょっと思い出します。あーそうです。近本にまた「7番はチャンスで回ってくるからその1本でいい」って言われたんで、そのヒット狙った結果が最高の形になって良かったなと思います。

 

1ボール2ストライクからのインコースの難しいボールだったかというふうに思うんですけれども、打った感触などはどうだったんでしょう?

 

(北條)感触・・・そうですね、全然覚えてないです。

 

甲子園のファンの盛り上がりはいかがですか?

 

(北條)盛り上がりは、めっちゃしました、はい。

 

ありがとうございます。さて今シーズン北條選手ですが、去年の怪我から復帰して、そして今1軍でプレーを続けているという状況です。改めて日々どんな思いでプレーしてますか?

 

(北條)トレーナーの方とか手術してからほんとお世話になってるので、今日ホームラン1本打てたんですけど、もっともっと活躍して恩返ししたいと思います。

 

では最後にお二人から一言ずつファンの皆さんにメッセージをお願いします。まずはでは青柳投手からお願いします。

 

(青柳)明日からも連戦続きますけど、こんだけ熱い応援があれば僕たち勝つことができると思うので、明日からも応援よろしくお願いします。

 

では北條選手よろしくお願いします。

 

(北條)ウル虎あと2試合なんで全部勝てるように応援よろしくお願いします。

 

今日のヒーローは青柳投手と北條選手でした。放送席、どうぞ。