ヒーローインタビュー速報【セリーグ/全試合 全文掲載中】

プロ野球 セリーグのヒーローインタビューを速報でお伝えします

【2022年6月度 月間MVP】ヒーローインタビュー回数による月間MVP

少し遅くなりましたが、6月の月間MVPの振り返りです。ヒーローインタビュー速報ではお立ち台に登場した回数で月間MVPを決定しています。

まずはいつも通り、6月度『大樹生命月間MVP賞』受賞選手を見てみましょう。

 


投手:小川 泰弘(ヤクルト) 3度目

<成績> 4試合 3勝0敗 投球回29 防御率1.55 奪三振16 自責点5

 

打者:村上 宗隆(ヤクルト) 2度目

<成績> 23試合 打率.410 34安打 14本塁打 35打点 5盗塁

 

首位独走のヤクルトの二人が月間MVPを受賞しました。やはり強いですね。昨日、一旦マジックは消滅しましたがヤクルト以外のチームは全て借金があるという状態です。

さて、ヒーローインタビュー回数という視点ではこの6月度はどうだったでしょうか?

どれだけ個人成績が良くてもチームが勝たなくては、ヒーローインタビューに呼ばれないので通常の月間MVPとは違う結果になることが想定されます。

 


早速ですが、6月の月間MVP(最多ヒーローインタビュー)はこの選手です!

 


投手:伊藤 将司阪神

ヒーローインタビュー回数:3回

 


打者:大山 悠輔阪神

ヒーローインタビュー回数:6回

 


ヒーローインタビュー回数では阪神の二人が最多でした。大山選手の6回というのは過去最多だと思います。6月3日から6月5日まで3日連続、6月17日、18日も2日連続でお立ち台に上がっており18日のインタビューでは「もう話すことがない」と言っていましたね。

 

【関連記事】

 

ちなみに小川投手は2回、村上選手は5回でした。

 

各チームの最多ヒーローインタビューは、

ヤクルト:村上(5回)

阪神:大山(6回)

巨人:増田(3回)

広島:床田(2回)

中日:阿部(3回)

DeNA:牧(3回)

 


以上となりました。

※集計ミスがあったらゴメンナサイ。

 

気になるヒーローインタビューがあれば、サイト内から探してみてください。2020年シーズンから全試合掲載しています。

 

ということで、2022年6月度の月間MVPは以上のようになりました。

 

さて7月はどんな展開になるでしょうか。7月分もまたヒーローインタビュー回数による月間MVPを発表したいと思います。

 

 

【関連記事】