ヒーローインタビュー速報【セリーグ/全試合 全文掲載中】

プロ野球 セリーグのヒーローインタビューを速報でお伝えします

2022年6月30日 ヤクルト・丸山選手 ヒーローインタビュー【全文】

【試合結果:  ヤクルト 4-2 広島】 

丸山「目の前で2回敬遠されてちょっと悔しいというか、そういう気持ちもあって、ほんとに気持ちで打席入りました」

 

放送席、放送席、それでは決勝の2点タイムリーヒットを放ちました丸山和郁選手です。おめでとうございます。

 

(丸山)ありがとうございます。

 

すばらしいタイムリーでした。

 

(丸山)ありがとうございます。

 

いかがですか?

 

(丸山)2打席凡退していて、前の回でもチャンスつぶしているので、目の前で2回敬遠されてちょっと悔しいというか、そういう気持ちもあって、ほんとに気持ちで打席入りました。

 

1ボールからの2球目の変化球だったと思います。狙いはどうだったんでしょう?

 

(丸山)そこら辺のボールをしっかりと打っていこうというふうにおおざっぱに決めて打席入りました。

 

6月に入って1軍にまた再び戻ってきて、素晴らしい活躍、途中出場から続いています。ご自身のこの活躍というのはどう振り返りますか?

 

(丸山)まだ全然なところの方が多いので、少しでももっともっと自分の特徴であるものを生かして何とかチームに貢献したいと思います。

 

これでカープに9連勝ということになりました。チームの勢いどう感じますか?

 

(丸山)点を取られても雰囲気が良くて、逆転できるなっていう感じの雰囲気で頼もしいというか、先輩方も若い人たちもほんとに声を出してチームのためにっていう気持ちがほんとにあるので、そういう部分だと思います。

 

チームは首位を快走していますけれども、チームを代表してこの後に向けてお願いします。

 

(丸山)代表できないですけど、1戦必勝でやっているのでこれからも応援よろしくお願いします。

 

本当におめでとうございました。

 

(丸山)ありがとうございました。

 

決勝の2点タイムリー放ちました丸山和郁選手でした。