ヒーローインタビュー速報【セリーグ/全試合 全文掲載中】

プロ野球 セリーグのヒーローインタビューを速報でお伝えします

2022年6月24日 阪神・湯浅投手、梅野選手 ヒーローインタビュー【全文】

【試合結果:  阪神 6-4 中日】 

湯浅「自分の中では想定内というか、しっかり準備できてました」

梅野「明日も勝つばい!」

 

放送席、放送席、そして甲子園球場にお越しのタイガースファンのみなさん、ヒーローインタビューです。今日のヒーローは投打のヒーロー2人、湯浅投手と梅野選手です。まずプロ初勝利となりました湯浅投手に伺います。ナイスピッチングでした。

 

(湯浅)ありがとうございます。

 

今お手元にはウイニングボールがあると伺っています。

 

(湯浅)はい。

 

ポケットの中に入ってらっしゃるんでしょうか?プロ初勝利改めていかがですか?

 

(湯浅)素直に嬉しいですし、やっぱりリハビリが長かったんで、たくさんの方にお世話になってほんとに全ての方に感謝したいなって思ってます。

 

勝ち越しを許さなかったあの場面、どんな気持ちでマウンドに上がったんでしょうか?

 

(湯浅)同点でランナー2塁にいる場面で絶対にセカンドランナーだけは返さないという強い気持ちでマウンドに上がりましたし、バッターに気持ちで負けないように向かっていきました。

 

まず先頭バッターを素晴らしいフィールディングで3塁でアウトにしました。あのプレー振り返っていただいていかがですか?

 

(湯浅)ピッチャーゴロ来たらサードで殺すというか、セカンドランナーをアウトにするっていう準備はできてたんで、自分の中では想定内というか、しっかり準備できてました。

 

ベンチでは笑顔で迎えていた青柳投手が印象的でした。何か言葉は交わされましたか?

 

(湯浅)「ありがとう、ごめんな」って言われました。

 

そういった青柳投手の思いも含めてのあのマウントだったんでしょうか?

 

(湯浅)やっぱりいつもヤギさんには助けてもらっているので、今日はしっかり自分がゼロで抑えてヤギさんに負けをつけさせないようにしっかり投げました。

 

さあここから先の夏場、湯浅投手の活躍がタイガースの勝ちに直結してくると思います。これからどんなピッチングを見せてくださいますか?

 

(湯浅)今まで以上にチームに貢献できるようにしっかり毎日準備してマウンドに上がりたいと思います。

 

まず投のヒーロー湯浅投手に伺いました。ナイスピッチングでした。

 

(湯浅)ありがとうございます。

 

さあ続いて8回、見事な決勝タイムリー梅野選手です。ナイスバッティングでした。

 

(梅野)ありがとうございます。

 

まずこの時間これだけの大きな声援受けていかがでしょうか?

 

(梅野)自分自身打撃でほんと苦しむ時期っていうのが長くて、ファンの皆さんの期待をどれぐらい裏切ってきたかっていう位、裏切ってたのでそれでもこれだけ見回してもピンクのタオルの自分の名前が入ったタオルを掲げて皆さん信じて応援してくれているので、それに応えたいなっていう毎日を送ってたんで、ほんとに嬉しいです。

 

あの場面、代打が続いた中でどんな狙いを持って打席に入ったんでしょうか?

 

(梅野)初球から打つつもりでしっかり打席に入ってましたし、みんなでつないだチャンスなので、とにかくファーストストライクっていうのを集中して行った結果がボール先行だったんで、甘い球はと思って今までやってきて今まで信じてくれたファンの皆さんに頑張って結果としてついていけるよう一生懸命狙った魂が三遊間に行ったんでほんとにほっとしています。

 

先発の青柳投手が粘り強いピッチングをしていた中でのあの1本、キャッチャーのお一人として、どんな思いで打席に立ちましたか?

 

(梅野)ヤギとはたくさん組んでるし、ヤギ自身今日みたいなピッチングもヤギは常にクオリティースタートで一生懸命投げて長いイニングも投げて、ああやって粘り強いピッチングをしてくれているので、そういう思いをキャッチャーとしてしっかり受け止めてあの打席に入れたので、ほんと最高の結果が出てよかったです。

 

そして先ほど梅野選手ご自身の言葉からもありましたが、チームにとっても梅野選手にとっても去年のこの時期とは少し違う状況でのプレーが続いているかと思います。改めてここから先にどんな風につなげていきますか?

 

(梅野)自分ではなかなかコントロールできない部分ではあるんですけど、こんだけファンの皆さんがスタメンの時に歓声を上げて喜んでくれるファンの皆さんとかを見てるし、そういう意味では本当に自分ができる場面、自分ができる準備っていうのを怠らずに1打席、ピッチャーの1球、しっかり自分で責任を持って出たときには貢献できるよう頑張っていきたいなと思ってます。

 

さぁ最後にこの勝利、明日以降にどうつなげていくかお馴染みのあのフレーズで締めていただけますでしょうか?

 

(梅野)そうですね、皆さん球場に来られている人たちの思い出として、そしてこの球場に来て良かったなって思ってもらえるように、最後は明日も勝つばいで締めたいと思います。久しぶりなのでなんか緊張しますけれども、よろしくお願いします。皆さん心の中でお願いします。それでは行きます。明日も勝つばい!ありがとうございました。

 

今日のヒーロー投打のお二人、湯浅投手と梅野選手でした。放送席、どうぞ。