ヒーローインタビュー速報【セリーグ/全試合 全文掲載中】

プロ野球 セリーグのヒーローインタビューを速報でお伝えします

2022年6月11日 ヤクルト・高津監督 交流戦優勝インタビュー【全文】

【試合結果:  ヤクルト 7-4 ソフトバンク】 

高津「リリーフみんながMVPだと思っています」

 

放送席、放送席、そしてPayPayドームにお集まりのスワローズファンのみなさん、優勝監督インタビューです。見事優勝を決めました東京ヤクルトスワローズ高津臣吾監督です。おめでとうございます。

 

(高津)ありがとうございます。

 

2018年以来4年ぶり2度目のこの交流戦頂点に立ちました。まず今のお気持ちいかがでしょうか?

 

(高津)優勝できた事はもちろん嬉しいですけれども、やはりすごくパ・リーグというのを意識してずっと戦ってきましたし、全チームに勝ち越して優勝できたことがすごく嬉しく思っています。

 

今日の試合についてもお伺いいたしますが、村上選手の2打席連続ホームラン、主砲が頼りになりますね。

 

(高津)そうですね、2スイングで2ランと満塁ですからね。すごくいいタイミングとチームにとって欲しい追加点というところで、しっかりとしたスイングをしてくれたと思ってます。

 

また逆転勝ちそれから接戦をものにするシーンも多くあります。やはり強さというものを感じるんですが、監督からご覧になっていていかがでしょうか?

 

(高津)この交流戦通じてリリーフピッチャーの頑張り、先発ピッチャーからどうやって最後のマクガフまでつなぐかというところのつなぎっていうのはほんとによくできたと思っています。リリーフみんながMVP
だと思っています。

 

そのリリーフ陣は6月に入ってまだ誰も点をとられていません。これはいかがですか?

 

(高津)繰り返しになりますけど、よく頑張ってくれていると思います。ほんとに頼りにしています。

 

これで交流戦は全カード勝ち越し、そして9カード連続勝ち越しとまた球団記録を更新しました。好調ぶりは監督からご覧になってどのように感じられてますか?

 

(高津)目の前の1戦をどう戦うか、どうやって勝ちきるかっていうことを意識してやっているので、あまりカード勝ち越しとかあまり考えていないんですけど、その積み重ねがこういう良い結果につながっているのかなと思ってます。

 

リーグ首位もがっちりキープで2年連続日本一へ弾みのつくこの交流戦の優勝だと思います。まだシーズンは続いていきます。ファンの皆さんへのメッセージとそして改めて意気込みを最後にお願いします。

 

(高津)交流戦は明日で18試合目最後の試合になります。まだシーズンは半分も来てもないですし、まだまだこれから大変な時期に差し掛かって行くと思います。一生懸命ファンの皆さんに楽しんでいただけるような素晴らしいゲームも続けていきたいと思います。どうぞこれからも応援よろしくお願いします。本当にありがとうございました。

 

見事交流戦優勝決めましたヤクルトスワローズ高津臣吾監督でした。ありがとうございました。