ヒーローインタビュー速報【セリーグ/全試合 全文掲載中】

プロ野球 セリーグのヒーローインタビューを速報でお伝えします

2022年6月9日 ヤクルト・石川投手 ヒーローインタビュー【全文】

【試合結果:  ヤクルト 2-1 オリックス】 

石川「壮真と一緒に色々考えながら工夫しながら本当に良いリードしてくれたので、そこにしっかりと投げるということを意識しました」

 

放送席、放送席、そしてスワローズファンの皆さん、ヒーローインタビューです。今日のヒーローは今シーズン3勝目、通算180勝目、石川投手です。

 

(石川)ありがとうございます。

 

まずは今日の勝利で交流戦通算27勝、これは歴代単独トップになりました。

 

(石川)ありがとうございます。

 

単独トップになった今のお気持ち聞かせてください。

 

(石川)たくさん投げさせていただいてますし、その分たくさん負けているので悔しい思い多いですけども、何とかこの交流戦でまずは1つ勝つことができてよかったです。

 

今日はピンチを背負っても最小失点に抑えました。女房役の内山選手とコミュニケーションをとっているのが印象的でしたが、どんな意識で投げていたんでしょう?

 

(石川)試合前からそして試合中と壮真と一緒に色々考えながら工夫しながら本当に良いリードしてくれたので、そこにしっかりと投げるということを意識しました。

 

そしてその内山選手が先制タイムリーを打ってくれました。ベンチからご覧になっていかがでしたか?

 

(石川)ほんとに頼もしいなと思って見てました。

 

そして6回以降はリリーフ陣に託しました。どんな思いで戦況を見つめていたんでしょう?

 

(石川)うちのリリーフ陣はほんとに素晴らしいピッチャー多いので、何とか5回で代わりましたけど、良い形でという思いで投げていましたので、ほんとに信頼して見守っていました。

 

さぁ2度目の交流戦優勝へ向けてチームを代表して一言お願いします。

 

(石川)今日もスワローズファンの皆さん、たくさんの応援どうもありがとうございました。交流戦も次のカードで最後になります。1戦1戦戦って何とか良い形で優勝できるようにチーム一丸となってこれからまずはこれから交流戦3試合しっかりとした戦いをしたいと思います。応援よろしくお願いします。

 

ありがとうございました。今日のヒーローは石川投手でした。

 

(石川)ありがとうございました。

 

放送席、どうぞ。