ヒーローインタビュー速報【セリーグ/全試合 全文掲載中】

プロ野球 セリーグのヒーローインタビューを速報でお伝えします

2022年6月5日 阪神・伊藤将司投手、大山選手、小野寺選手 ヒーローインタビュー【全文】

【試合結果:  阪神 8-3 日本ハム】 

伊藤「日本ハムは積極的に打ってくるのでそこを警戒しながら自分のゴロアウトを取るっていうピッチングができたと思います」

大山「チームの雰囲気がすごく良いのでこのまま続けれるように頑張りたいと思います」

小野寺「大山さんのようにチームを勝ちにつなげる一打をもっと打てるように日々練習していきたいと思います」

 

放送席、放送席、そして今日もたくさん詰めかけていただきましたファンの皆さん、タイガースは5連勝です。では本日のヒーローインタビューは3人ご登場ということになります。準備のほうはよろしいでしょうか?まずは伊藤選手にお話を聞きたいんですが、伊藤さん、聞こえますか?大丈夫ですか?ではまず当然投げる方の主役、今シーズン2勝目となりました伊藤投手です。おめでとうございます。

 

(伊藤)ありがとうございます。

 

ビッグボスファイターズ相手の今日の1戦でした。どんな準備をして、そして今日のピッチング振り返るといかがでしたでしょうか?

 

(伊藤)そうですね、日本ハムは積極的に打ってくるのでそこを警戒しながら自分のゴロアウトを取るっていうピッチングができたと思います。

 

伊藤さんは前回千葉、その前が甲子園で初白星完封でした。甲子園で3試合投げて24イニング、失点が4しかありません。すばらしい甲子園の成績ですね。

 

(伊藤)ありがとうございます。

 

甲子園のマウンドはどんなマウンドですか?

 

(伊藤)やっぱり去年よりコロナの影響でファンの方もなかなか来れないっていう状況の中で、今年はいろんなたくさんのファンの方が見に来てくれているので、その中でそういうピッチングができているのは嬉しく思います。

 

そうなんです、去年はちょっとスタンドのファンも寂しい景色ではありましたが、今年はこの満員の迫力っていうのはどうですか?

 

(伊藤)すごくプレッシャーです。

 

そんな中ピッチング重ねる中で序盤にお隣大山さんのすごい一発が出ました。攻撃陣どうですか頼りになりますか?

 

(伊藤)打ってくれているので、ほんとに自分も投げやすい中投げれてると思います。

 

では次回以降のピッチングに向けても一言お願いします。

 

(伊藤)次回も自分のピッチングをしてチームに貢献できるようにがんばります。

 

ありがとうございました。まずは伊藤投手に伺いました。続いてのヒーローは3日連続のお立ち台です。大山悠輔選手です。大山さん、ナイスホームランでした。

 

(大山)はい、ありがとうございます。

 

佐藤選手のタイムリーがあっての引き続きチャンス継続で、相手がいろいろ注目を集めていました吉田投手、どんな準備をしてあの打席は向かいましたか?

 

(大山)目の前でテルが打点を上げてくれたので、それにしっかり続こうと将司の為にも1点でも多くと思って打席に入りました。

 

これで6月に入ってもう5本のホームラン、打率も軽く5割越え、大山さんもう止まらないですね。好調の要因どこにあるんでしょうか?

 

(大山)1日1日しっかり良い準備できてますし、チームの雰囲気がすごく良いのでこのまま続けれるように頑張りたいと思います。

 

そして1点差でしびれる展開、ゲーム終盤には自主トレも共にする後輩のお隣小野寺選手がいい当たり決めましたね。どうでしたか、どんなふうに見てましたか?

 

(大山)何とかやってくれるんじゃないかと思って3塁ランナーから見てましたけど、ほんとにしびれる場面でああいう仕事ができるっていうのは良いことなので、いいんじゃないかなと思います。

 

今ちょっと笑いながらお立ち台に向かいながら、お前ちょっとついてくるなよ、というそんな動きも見せてましたけど、かわいい後輩なんじゃないですか?

 

(大山)ちょっと鬱陶しいです。

 

小野田さんには後ほどお話伺います。大山さん、明後日以降も交流戦好調ソフトバンク戦さらにオリックス戦待っています。明後日以降の戦いに一言お願いします。

 

(大山)しっかり1試合1試合がんばりますので、これからも応援よろしくお願いします。

 

ありがとうございました。大山選手でした。そして本日の3人ヒーローインタビュー、トリを飾るのは小野寺暖選手です。ナイスバッティングでした。小野寺さんに伺います。お立ち台は?

 

(小野寺)初めてです。

 

改めて伺います。どんな景色でしょう?

 

(小野寺)こんなたくさんの前で喋ることがなかったので、とても緊張しています。

 

1点差の8回満塁でしたが、あの時と今とどっちが緊張してますか?

 

(小野寺)今の方がちょっと緊張しています。

 

でもあの場面も緊張があったと思います。ほんとに1打出るかどうか大事な場面でした。打席の中での準備どんな気持ちだったのか教えていただけますか?

 

(小野寺)たくさんチャンスもらってる中、あまりチームの力になれてなかったのでどうしてもチームのために自分のためにも絶対返そうと思って打席に立ちました。

 

イムリスリーベース走者一掃、小野寺さんお立ち台初めてですが、スリーベースもプロでどうですか?

 

(小野寺)初めてです。

 

初めてですね。すごく勝利に向けて意味ある一打になったと思います。改めて振り返ってどんな気持ちでしょうか?

 

(小野寺)大山さんのようにチームを勝ちにつなげる一打をもっと打てるように日々練習していきたいと思います。

 

ちょっと大山さんに伺いたいんですが、ベンチの中の普段の小野寺さんってもっと元気良さそうに見えるんですけど、今どうですか、お立ち台の小野寺さんは?

 

(大山)猫かぶってます。

 

だそうですよ、小野寺さん。ではヒーローインタビュー締めていただきたいと思いますので、いつもの元気いっぱいさで明後日以降の戦い決意をファンの皆さんにお願いいたします。

 

(小野寺)明後日以降もこの調子で6月全勝続いているので勝ち続けれるようにがんばります。これからも応援よろしくお願いします。

 

ありがとうございました。本日のヒーローは伊藤投手、大山選手、小野寺選手に伺いました。

 

youtu.be