ヒーローインタビュー速報【セリーグ/全試合 全文掲載中】

プロ野球 セリーグのヒーローインタビューを速報でお伝えします

2022年6月4日 巨人・メルセデス投手、増田選手 ヒーローインタビュー【全文】

【試合結果:  巨人 2-1 ロッテ】 

メルセデスジャイアンツファン、ダイスキデス」

増田「オフに育成になってすごく自分自身悔しかったですし、何とか自分の人生を変えたいと思って、日々必死にやっててそのがむしゃらにやっている結果が、こういう良い結果につながっていると思う」

 

放送席、放送席、そして東京ドームにお集まりのジャイアンツファンの皆さん、ヒーローインタビューです。今日は投打のヒーロー、まずは5勝目を挙げましたメルセデス投手です。ナイスピッチングでした。

 

メルセデス)アリガトウゴザイマス。

 

今シーズンすでに5勝を挙げていますけれども、この東京ドームでのお立ち台は初めてと伺いました。この景色まずどう見えていますか?

 

メルセデス)東京ドームで初勝利ということでほんとに嬉しいですし、ファンの皆さんの応援のおかげでより強気の攻めのピッチングができてほんとに力になりました。

 

前回の登板から少し登板間隔が空きました。その中でどういうことを意識して先発のマウンドに立ったんでしょうか?

 

メルセデス)期間はちょっと空いたんですけども、その期間自分のルーティーンっていうのはしっかりやって、なおかつしっかり休養をとって自分のやるべきことっていうのをしっかり考えながらこの10日間過ごしてきました。

 

非常にテンポの良いメルセデス投手らしいピッチングだったと思います。ご自身振り返っていかがでしょうか?

 

メルセデス)今日受けてくれた小林選手としっかりコミュニケーションをとって、本当に小林選手の方から行くぞ行くぞとイニング間応援してくださいましたし、しっかり低めのピッチングで攻めていくんだっていうことを声かけてもらって、本当に小林選手のおかげだと思いますし、5回少しピンチはあったんですけど、本当に皆さんのおかげで勝つことができてうれしいです。

 

マリーンズ先発の佐藤奨真投手も非常に良いピッチング、同じサウスポー意識した部分はありましたか?

 

メルセデス)佐藤選手も素晴らしいピッチングをしていて、正直投げにくいなっていうのもあったんですけど、味方の打線が点数をとってくれてほんとにありがたいです。

 

この今日のピッチングをこれ以降どうつなげていきたいでしょうか?

 

メルセデス)今日できた攻めのピッチングっていうのを次回以降もしっかり続けて、チームが勝てるようにまた頑張っていければと思います。

 

ナイスピッチングでした。

 

メルセデス)アリガトウゴザイマス。

 

メルセデス投手でした。

 

メルセデスジャイアンツファン、ダイスキデス。アリガトウゴザイマス。

 

続いては打のヒーローです。7回同点タイムリーヒット増田陸選手です。ナイスバッティングでした。

 

(増田)ありがとうございます。

 

昨日初めてのお立ち台で2日続けてのお立ち台になりました。いかがですか?

 

(増田)最高です。

 

1点追う7回、1アウトランナー2塁3塁、どういう意識で打席に入ったんでしょうか?

 

(増田)チャンスなので必死に食らいついていきました。

 

1球変化球を空振りして、2ボール2ストライクのカウントになりました。そこで意識というのは変わった部分もあったんでしょうか?

 

(増田)より集中力を持って最後打ちました、はい。

 

今日は40,000人以上、昨日もそうですけれども観客が入りました。この東京ドームの景色はどう見えていますか?

 

(増田)声援も大きいですし、その声援のおかげで良いプレーができるので、これからも応援よろしくお願いします。

 

そしてこのところはスターティングメンバーでの登場が続いていて、良い場面での活躍が目立ちます。好調の要因はどのあたりにあるでしょうか?

 

(増田)オフに育成になってすごく自分自身悔しかったですし、何とか自分の人生を変えたいと思って、日々必死にやっててそのがむしゃらにやっている結果が、こういう良い結果につながっていると思うので、これからも続けていきたいと思います。

 

増田選手の活躍もあってチーム3連勝です。チームの雰囲気はいかがですか?

 

(増田)チームの雰囲気はいいと思います。

 

最後に今日は40,444人の観客がこの東京ドームに詰めかけました。ジャイアンツファンの皆さんにメッセージお願いします。

 

(増田)明日も勝てるようにまた準備して明日挑むので、また応援よろしくお願いします。

 

2日続けてのヒーローインタビュー増田陸選手でした。ナイスバッティングでした。

 

(増田)ありがとうございました。