ヒーローインタビュー速報【セリーグ/全試合 全文掲載中】

プロ野球 セリーグのヒーローインタビューを速報でお伝えします

2022年6月4日 DeNA・佐野選手、牧選手、クリスキー投手 ヒーローインタビュー【全文】

【試合結果:  DeNA 6-1 楽天】 

佐野「いまだになかなか慣れないですけど、チームにいい勢いを持ってこれるようにと思って打席に立ってます」

牧「4番を任されている以上、チームが勝つ一打っていうのはこれから打っていきたいと思います」

クリスキー「奥さんに贈りたいと思います」

 

それでは横浜スタジアムにお越しの横浜DeNAベイスターズファンの皆様、お待たせしましたヒーローインタビューです。今日3人行きます。7回に勝ち越しのタイムリーヒット打ちましたキャプテンの佐野恵太選手、そして今日はなんと5打点の大活躍、4番牧秀悟選手、さらにさらに今日は2イニングをピシャリと抑えて来日初勝利を挙げましたブルックス・クリスキー選手です。

ではまずキャプテンから伺っていきます。佐野さん、本当にどちらに流れが行くかわからないという7回、森選手がヒットから盗塁、さぁここでというところでしたが、どうでした気持ち的には?

 

(佐野)敬斗がチャンスを作ってくれたので、何とか返せることができてよかったです。

 

さすがの佐野さんのバッティングでしたが、結構インコース厳しいところだったと思いますが、本人としてはいかがだったでしょう?

 

(佐野)良いところ抜けてくれました。

 

この交流戦に入って1番という打順に入っていますが、今日も相手に1点を先行されての1回の裏、いきなりのあのツーベースヒットからゲームはスタートしたわけですが、この1番という打順、佐野選手としてはどうですか?

 

(佐野)いまだになかなか慣れないですけど、チームにいい勢いを持ってこれるようにと思って打席に立ってます。

 

しかしその流れをしっかりと4番の牧選手が返すという流れがちゃんとできてますね。

 

(佐野)はい、すごいです。

 

では3連勝に向けてぜひ明日のゲームに向けて、まず佐野選手から一言、今日31,130人のファンが集まりました。一言お願いします。

 

(佐野)週末なかなか勝ててなかったので、それでもこれだけ多くの方が足を運んでくれるので、明日も勝ちたいと思います。

 

見事勝ち越しのタイムリーヒット、キャプテンの佐野恵太選手でした。ナイスバッティングでした。

さぁでは続きまして、その後3ランホームランを打って今日は5打点の活躍、これで46打点となりました。神宮で今日村上選手が2ランホームランを打ったそうですが、今日の5打点でセ・リーグのトップに打点は立ちました。牧秀悟選手です。ナイスバッティングでした。

 

(牧)ありがとうございます。

 

5打点すごい活躍でしたが、今日どんな気持ちでプレーされてたんでしょうか?

 

(牧)初回に良い形で犠牲フライ打てましたし、サードランナーの佐野さんが走ってくれたので、すごい良い形で今日は入ることができました。

 

佐野さんの足ですね。そして2打席目3打席目とライトフライ、あれは島内選手のファインプレーに阻まれていましたが、7回の3ランホームラン、ライトポール際、ファンがブワーっと沸きましたけれども、いかがでした手応えとしては?

 

(牧)その前に佐野さんが追加点取ってくれましたし、何とかチャンスだったので追加点という気持ちで打ったらほんと風に乗ってよかったです。

 

さらに8回の5打点目ですけれども、あの場面はどうだったんでしょう?

 

(牧)満塁で回ってきたんですけど、何とかほんとに1点取ろうという気持ちで打席に立ちました。

 

そしてまだまだ気が早いんですが、打点は46打点ということでセ・リーグのトップに改めて立ちました。このことに関しては牧選手いかがでしょうか?

 

(牧)4番を任されている以上、チームが勝つ一打っていうのはこれから打っていきたいと思います。

 

では牧選手からも東北楽天相手に3連勝明日のゲームに向けて一言いただけますか?

 

(牧)ようやく土曜日勝てることができました。お待たせしました。明日も勝ちます。

 

見事今日は5打点の活躍でした。4番牧秀悟選手でした。ナイスバッティングでした。ありがとうございます。

 

さぁそして皆さんお待たせしました、来日初勝利を挙げましたクリスキー投手です。ナイスピッチングでした。

 

(クリスキー)アリガトウゴザイマス。

 

日本のお立ち台こういうものがあるんですが、今日は30,000人以上ファンを前に話していますが、このスタンドの風景はクリスキーさんからはどう見えていますか?

 

(クリスキー)ゲームで投げた時よりも今緊張しています。たくさんのお客さんに来ていただいてこうして応援していただけてほんとに嬉しい気持ちでいっぱいです。

 

しかし6回7回とあのピッチングがなければ佐野選手の勝ち越しのタイムリーも牧選手のホームランも生まれませんでした。あの2イニングのピッチング振り返っていただけますか?

 

(クリスキー)すごく素晴らしい気分です。ブルペンには他にも7人の素晴らしいピッチャーがいますし、野手陣効果的得点を取ってくれましたし、守備の面でもすごく助けてくれました。そういった結果がつながった勝利だと思います。

 

そして試合が終わってウイニングボールを手にしましたが、ぜひこの30000人のファンにウイニングボール見せていただいていいですか?

 

(クリスキー)すいません。今ベンチにあります。

 

ごめんなさい、失礼しました。このボールクリスキー投手、来日初勝利のボールですがどうする予定ですか?

 

(クリスキー)奥さんに贈りたいと思います。

 

さぁではファンに力強く最後にこれからどんなピッチングを見せてくれるのかお話しいただけますか?

 

(クリスキー)毎日マウンドの上で勝負ができるところ、そしてチームに貢献するところ、そういったところを見ていただきたいと思っています。

 

来日見事初勝利を挙げましたブルックス・クリスキー投手でした。おめでとうございました。今日は佐野選手、牧選手、そしてクリスキー選手にヒーローインタビューお話を伺いました。ありがとうございました。