ヒーローインタビュー速報【セリーグ/全試合 全文掲載中】

プロ野球 セリーグのヒーローインタビューを速報でお伝えします

2022年5月26日 中日・松葉投手、高橋周平選手 ヒーローインタビュー【全文】

【試合結果:  中日 6-3 西武】 

松葉「ゼロで帰ってくるのが自分の仕事だと思うので、今日は打線の援護があって勝たせてもらったと思います」

高橋「もともとゴロが多いピッチャーなんで、今日は試合前から先に謝っときました」

 

放送席、放送席、そしてバンテリンドームナゴヤにお越しのドラゴンズファンの皆さん、投打がっちりで連敗を止めたドラゴンズ、投打のヒーローにヒーローインタビュー伺います。投げては2勝目松葉貴大投手、打っては今日は3安打2本のタイムリー2打点の高橋周平選手です。まずは松葉投手に伺います。チーム7連敗中、連敗止めるぞ、そんな思いが今日は立ち上がりから感じられたマウントだったんですが、どんな思いでマウントにまずは向かったんでしょう?

 

(松葉)前回ふがいないピッチングしてしまったので、試合前にピッチャーも入って円陣組んでたので、何とか全員で今日はしっかり勝つんだという気持ちで自分もマウンドに上がりました。

 

その気持ちが現れて3回まではパーフェクトでしたが、今日のゲームでいうと4回の攻防これが大きかったと思います。4回ピンチを迎えて4番の山川選手迎えた場面、あそこはどんな思いだったんですか?

 

(松葉)ピンチで粘れるかが自分の持ち味だと思うので、何とか粘り強く投げれて良かったと思います。

 

見逃しの三振、気持ちよかったんじゃないでしょうか?

 

(松葉)最高の結果になったのでその後のバッターも打ち取ることができてほんとに良かったと思います。

 

5回無失点が松葉さんの1つ目指すところ、5回1失点ですからそういう意味ではヒーローではありますが納得はいってますか、いってませんか、どうでしょう?

 

(松葉)言われた通りゼロで帰ってくるのが自分の仕事だと思うので、今日は打線の援護があって勝たせてもらったと思います。

 

その打線でいうと隣の高橋周平選手もはじめ、今日はよく点を取ってくれましたね。

 

(松葉)すごい楽に投げさせてもらえたと思います。

 

そして松葉さんが降板した後は5人のピッチャーたちがしっかりと勝利を守ってくれました。最後の場面はどんなふうに思って見てたんでしょうか?

 

(松葉)リリーフ皆さん素晴らしいピッチャーいるので先輩後輩含めて、自分を信じて最後までしっかり声を出してました。

 

2勝目、来週はこのバンテリンドームでの6連戦がまた待っています。来週も楽しみにしていますよ。

 

(松葉)続けて良いピッチングしないと意味がないので、次もしっかり投げれるように頑張りたいと思います。

 

次のピッチングも期待しています。松葉投手でした。続いて高橋周平選手に伺います。今日は打のヒーロー候補たくさんいるんですが代表ですからね、周平さん。

 

(高橋)はい。

 

今日は8番のスタメンということで、この辺は悔しさもちょっとあったんじゃないでしょうか、どうでしょう?

 

(高橋)悔しくは無いんですけど、毎日必死にやってます。

 

2試合ヒット出ませんでしたが必死にやった結果の第1打席のヒット、2打席目は阿部選手木下拓哉選手タイムリーが出てその流れに乗った感じでしたけれども、あの打席はどんなこと意識したんでしょう?

 

(高橋)阿部さんと木下さんがつないでくれたので、何とか良い流れに乗れました、はい。

 

そしてゲームでいうと中盤6回の5点目になりますけれども、あのタイムリーも大きかったですね。

 

(高橋)あそこも木下さんがバントしてくれたんで、何とか1点取りたいなと思って打席に入りました。

 

結果猛打賞、今日この3安打打てた要因何かありましたか?

 

(高橋)いろいろあるんですけど、なかなか結果が出ないんですけど毎日毎日一生懸命やってきた成果が出たかなと思います、はい。

 

1つ打線でも今日は良い形になりましたんで、これを明日からの戦いにもつなげていきたいですね。

 

(高橋)ピッチャーの方々はすごい迷惑かけているので、何とか野手で勝っていきたいと思います、はい。

 

ショートのポジションで見守っていた今日の松葉投手のピッチングはどう見えましたか?

 

(高橋)もともとゴロが多いピッチャーなんで、今日は試合前から先に謝っときました。

 

謝る必要なかったですね、終わってみれば。

 

(高橋)いつもそれぐらいの申し訳ないなぁっていう気持ちで守ってるんで、何とか今日は頑張れました、はい。

 

なかなか結果が出ない中でもバンテリンドームのお客様、毎打席温かい拍手送ってくれたと思います。そんなお客様たち、ファンの皆さんに向けて一言お願いできますか?

 

(高橋)まだまだ試合があるんで一生懸命がんばります。また応援よろしくお願いします。

 

明日からの京セラドームの戦いも頑張ってください。高橋周平選手、松葉投手に伺いました。