ヒーローインタビュー速報【セリーグ/全試合 全文掲載中】

プロ野球 セリーグのヒーローインタビューを速報でお伝えします

2022年5月24日 ヤクルト・内山選手、田口投手、村上選手 ヒーローインタビュー【全文】

【試合結果:  ヤクルト 3x-1 日本ハム】 

内山「チームに良い勢いをつけれるように思い切ってバット振ろうと思って打席に入りました」

田口「気持ち的には無です」

村上「無でした」

 

神宮球場の皆さん、ヤクルトスワローズファンの皆さん、お待たせいたしました。4時間を超えるゲーム、今日のヒーローは3人です。まずは同点ホームランを放ちました内山壮真選手です。内山選手、あの重苦しい空気の中で代打告げられました。どんな気持ちだったんでしょうか?

 

(内山)チームに良い勢いをつけれるように思い切ってバット振ろうと思って打席に入りました。

 

その中で好投手堀投手からプロ初めてのホームランを放ちました。第1号を打った感想を聞かせてください。

 

(内山)すごく嬉しかったです。

 

そして前の試合の出場の時には猛打賞も記録しました。今日は同点ホームラン、素晴らしい活躍ですがどんなことを心がけて試合に臨んでいるんでしょうか?

 

(内山)今まで思い通りに結果が出ないことがあったんですけど、しっかり切り替えて1日1日全力で頑張ろうという思いでやってます。

 

そしてこの後ヒーロー控えています。田口投手の素晴らしい投球もありましたが、キャッチャーとしてベンチからどんな思いで見つめていましたか?

 

(内山)すごく緊張する場面でもありましたし、田口さんのそういう強い気持ちが感じ取れたので、ほんとにすごいなと思いました。

 

プロ1号放ちました。交流戦これからもファン期待してると思います。一言お願いします。

 

(内山)今日1試合目でこの先も続くと思うんですが、チーム全員で交流戦優勝目指して頑張りたいと思います。

 

ありがとうございました。本日のヒーロー内山選手でした。さぁ続いて今日二人目のヒーローに登壇していただきます。凄まじいリリーフを見せてもらいました田口投手です。田口投手、あのノーアウト満塁という、あの大ピンチから登板でした。どんな気持ちでマウンドに上がったんですか?

 

(田口)気持ち的には無です。

 

無の境地という感じですか?

 

(田口)いらないことを考えると自分の思ったピッチングができないので無になっていきました。

 

そしてそこから相手の中軸3人ともフルカウントまで行きました。フォアボールを出してはいけない、そんなシーンでしたがその時の気持ちいかがだったでしょうか?

 

(田口)皆さんと同じようにドキドキしてました。

 

その中で皆さん圧巻だったのがですね、万波選手との対決、田口投手151キロを計測しました。

 

(田口)はい。

 

田口投手、これは自身最速ですか?

 

(田口)多分最速だと思います。

 

あのシーンで151キロを投げられる田口投手どんな気持ちで投げたんでしょうか?

 

(田口)無で行きました。

 

その田口投手の素晴らしい投球が村上選手のホームランにつながったと思います。ベンチでどんなふうに見つめていたんでしょうか?

 

(田口)ムネもずっと4番で、すごく苦しい試合を毎日経験していると思いますし、最近ちょっと僕の髪に対して「焼きそばですね、マヨネーズかけましょうか」って言ってからちょっとおかしいんですよ。で、ちょっと「田口さんおはようございます」って言うようになってから登り調子です。

 

これから交流戦が始まっていきます。ピッチャーを代表して一言お願いします。

 

(田口)ピッチャーだけではなくてチーム全員で目の前の1勝を一生懸命戦ってますので、まだ少し限りのある入場だと思いますけど来られるタイミングでぜひ埋め尽くしてください。はい、お願いします。

 

田口投手、あまりお立ち台の上ではやることでは無いかもしれませんが、いつものあの神宮球場を1つにまとめ上げるパフォーマンスお願いしてもよろしいでしょうか?

 

(田口)これは後で外野でやらしてください。

 

やはりこれは外野でということです。皆さん、楽しみにしておいてください。素晴らしいピッチングを見せてくれました田口投手でした。

 

(田口)ありがとうございます。

 

さぁそして皆さん、お待たせいたしました。とんでもない一発、サヨナラホームランを放ちました村上選手です。

 

(村上)ありがとうございます。

 

村上選手、あの一発打った瞬間の感触を教えてください。

 

(村上)完璧です、はい。

 

あのいわゆる確信歩きという、そんな歩きでしたが、打球見つめているときにどんな気持ちだったでしょうか?

 

(村上)無でした。

 

それはやはり田口投手のピッチングを見て感じた至った心境なんでしょうか?

 

(村上)そうですね、本当は無じゃないですけど、ほんとにいろんな方が粘ってつないで最後僕が決めたっていうただそれだけなんですけど、ほんとにこのチーム一丸となって戦えたことにすごく嬉しく思いますし、最後たまたま僕だったんですけど、ほんとにこれはチーム一丸の勝利だと思います。

 

村上選手、土日も大暴れでした。そして今日火曜日もとにかく打ったという形になりました。チームを引っ張るそんな主砲として交流戦これからに向けて一言お願いします。

 

(村上)良いスタートが切れましたし、この調子で交流戦残り17試合、1戦必勝で戦っていきます。これからも熱いご声援よろしくお願いします。

 

ありがとうございました。本日のヒーロー3人、内山選手、田口投手、そして村上選手でした。