ヒーローインタビュー速報【セリーグ/全試合 全文掲載中】

プロ野球 セリーグのヒーローインタビューを速報でお伝えします

2022年5月24日 阪神・西勇輝投手、大山選手 ヒーローインタビュー【全文】

【試合結果:  阪神 1-0 楽天】 

西「打席入ったんですけどほんとに素晴らしい投球で、見ている自分がすごい勉強になって、タイミングだったり間だったりっていうすごい勉強になりました」

大山「ボールを取るだけだったので、つかんだら離さないっていう気持ちで飛び込みました」

 

放送席、放送席、お待たせしましたヒーローインタビューです。今日のヒーローは3勝目を挙げました西勇輝投手、そして決勝タイムリー大山悠輔選手です。ではまず西投手、ナイスピッチングでした。

 

(西)ありがとうございます。

 

交流戦の開幕マウンドでした。今日はどんな気持ちでマウンドに上がったんでしょうか?

 

(西)いつもと変わらず自分のリズムで、と思いながら上がってたんですけど、初回から球数がすごく多くて、自分でも何回までいけるんかなと思いながらマウンド上がってました。

 

今日の対戦相手は楽天の田中投手、プロ通算3度目の投げ合いになりましたが、これで田中投手に対して初勝利ということになりました。

 

(西)ありがとうございます。

 

今日の投げ合いはいかがでしたか?

 

(西)打席入ったんですけどほんとに素晴らしい投球で、見ている自分がすごい勉強になって、タイミングだったり間だったりっていうすごい勉強になりました、はい。

 

そして6回、ピンチで大山選手の大ファインプレーがありました。あの場面振り返っていただけますか?

 

(西)今日序盤からピンチがたくさん多くて、守備だったり打撃のリズムっていうのもなかなかうまくつなげることができなかったんですけど、散々バックに助けてもらってああいうファインプレーが出るっていうのは、ほんとに良かったなと思ってます。ありがとう。

 

その後大山選手の先制タイムリーが飛び出しました。あの場面はどんなふうに見守ってらっしゃったんですか?

 

(西)点が入った瞬間にしっかり次のイニング投げなあかんなと思ったんですけど、アウト取れずに降板してほんとに悔しい気持ちです。

 

ただ今日の無失点で防御率もまた下がりまして、1位の青柳投手を追いかけて現在2位です。

 

(西)ありがとうございます。

 

これについても一言いただけますか?

 

(西)キャッチャーのリードだったり、守備の良いリズムというのが自分の流れにつながってますので、これからもみんなで頑張っていきたいなと思ってます、はい。

 

それでは続きまして大山選手、タイトなゲーム展開で回ってきた打席になりました。まずはあのタイムリーのシーン、どんな思いで打席に入ったんですか?

 

(大山)返すだけだと思いましたし、その前のプレー、良いプレーが出たのでその勢いのまま行きました。

 

2塁ベース上で膝をポンと叩いている姿が印象的でした。あの膝の叩いたのにはどんな思いが込められていたんですか?

 

(大山)特に膝は意味はないです。

 

先ほどご自身でも振り返られてましたけれども、その前にはフェンス際での大ファインプレーがありました。あの場面も振り返っていただけますか?

 

(大山)ボールを取るだけだったので、つかんだら離さないっていう気持ちで飛び込みました。

 

最後はフェンスにぶつかりながらというプレーになりました。お客さんの目の前でのプレーでしたから、そのお客さんの熱もよく感じられたんじゃないですか?

 

(大山)いや特に。

 

ただ今日の勝利で良い形で交流戦開幕できたと思います。それではお二人、次回の登板そして明日の試合に向けて一言ずつお願いします。では西投手、お願いします。

 

(西)初戦しっかり取ることができましたし、チームはほんとに良い流れになってきていると思いますし、こうやってたくさんの方々にずっと応援されるって事はほんと幸せだなと思いますんで、これからもたくさんの方々に来てもらって、たくさんの応援をよろしくお願いします。ありがとうございました。

 

それでは大山選手もお願いします。

 

(大山)勢いはこのままにしっかり反省はしてまた明日がんばりますので応援よろしくお願いします。

 

ありがとうございました。今日のヒーローは西勇輝投手、そして大山悠輔選手でした。放送席、どうぞ。