ヒーローインタビュー速報【セリーグ/全試合 全文掲載中】

プロ野球 セリーグのヒーローインタビューを速報でお伝えします

2022年5月10日 広島・床田投手 ヒーローインタビュー【全文】

【試合結果:  広島 3-0 阪神】 

床田「サード行こうとしてコケて、バリ恥ずかしかったです」

 

放送席、放送席、ヒーローインタビューです。見事なピッチングでした。広島床田投手です。床田投手、9回無失点で投げ切りました。まず今の心境そして体の疲れ具合いかがですか?

 

(床田)体は最後はちょっと疲れたんですけど、何とか投げきったんでよかったです。

 

それにしましても9回、よくしのぎましたね。

 

(床田)どうなることかなと思ったんですけど、野手の人が守ってくれたんでよかったです。

 

今日は立ち上がりからどういった球種が良く手ごたえ感じていましたか?

 

(床田)まっすぐの感覚がすごい良かったので、まっすぐ主体で行けました。

 

最後まで力衰えていなかったんじゃないですか?

 

(床田)そうですね、球数行ってもスピード出てたんで、あとは低めに集めれたんでそこは良かったかなと思います。

 

それとチームメイトさらにはファンの皆さんが心配だったのは5回の走塁のシーンですけれども、あそこはどのような感じだったんでしょうか?ちょっと教えていただけますか?

 

(床田)サード行こうとしてコケて、バリ恥ずかしかったです。

 

ピッチングそれから体には影響なかったですか?

 

(床田)全然問題なく投げれました。

 

よかったです。これで今シーズンの4勝目ということになりました。これからの個人的な目標をまず聞かせてもらえますか?

 

(床田)1試合1試合何とか粘り強く最低でもチームが勝てるように一生懸命投げたいなと思います。

 

そしてチームを代表して好調カープの今の雰囲気を教えてください。

 

(床田)雰囲気はすごいいいと思うんでこのまま良い雰囲気で戦って行けたらいいかなと思います。

 

次回の床田投手の活躍も期待しております。ありがとうございました。

 

(床田)ありがとうございました。

 

放送席、以上です。