ヒーローインタビュー速報【セリーグ/全試合 全文掲載中】

プロ野球 セリーグのヒーローインタビューを速報でお伝えします

2022年5月6日 中日・大野雄大投手、石川昂弥選手 ヒーローインタビュー【全文】

【試合結果:  中日 1x-0 阪神】 

石川「今日大野さんからユンケルもらったんで打てました」

大野「実は前回の甲子園の時もあげて2ランホームラン打ってくれて、なので箱ごと買います、これから」

 

放送席、放送席、そしてバンテリンドームのドラゴンズファンの皆さん、ヒーローインタビュー、今日の二人はもちろん1安打完封、大野雄大投手と決勝タイムリー、サヨナラの石川昂弥選手です。

まずは大野投手、素晴らしいピッチングでした。

 

(大野)ありがとうございます。

 

10回完封、投げ終えてみてあの歓喜の輪に加わった瞬間どんな気持ちでした?

 

(大野)僕は10回で降板するって決まってたので、後はチームが何とか勝ってくれたらいいなと思いながらベンチにいたんですけど、昂弥に満塁で回ってきて前の打席は申告敬遠で歩かされて僕だったんですけど、満塁だったんで勝負するしかなかったんで昂弥と、絶対打ってくれると思ってました。

 

石川さん、その言葉を聞いてどうですか、今。

 

(石川)今日大野さんからユンケルもらったんで打てました。

 

大野さんもあげたんですね。

 

(大野)実は前回の甲子園の時もあげて2ランホームラン打ってくれて、なので箱ごと買います、これから。

 

野投手、29人の打者連続アウトでした。あのアウトを積み重ねている間というのはどんな気持ちだったんでしょうか?

 

(大野)青柳投手がすごいピッチングしてたので、ほんとに1点勝負のゲームやなと思いながら投げてたんで、もちろん走者を出していないことも気づいていましたし、何とかとりあえず先頭切って頑張っていこうという気持ちでいました。

 

途中途中では味方の守備のプレーに拍手を送るシーンも多かったですね。

 

(大野)ほんまに皆よく守ってくれたと思いますし、ありがたかったですね。

 

今週は横浜スタジアムで投手陣は総力戦の戦いでした。今日は1人で投げ切りました。そういう意気込みあったんでしょうか?

 

(大野)9回投げ終わった時に、監督に、もうええか、代わるか、と言われたんですけど、ちょっと悩んだんですけど柳やったら絶対投げるって言うやろなと思ったんで、僕も投げます、って言いました。

 

野投手には最後にも一言伺いたいと思います。

石川選手、大野選手が言ったように申告敬遠で8回はチャンスで打席立つことが出来ませんでした。最後の決勝タイムリー、どんな気持ちで打席に入ったんですか?

 

(石川)大野さんがすごく頑張っていたので、自分が何とか決めようと思って打席立ちました。

 

こんなしびれる試合でのサヨナラタイムリーの味わいというのはいかがだったですか?

 

(石川)とても気持ちよかったです。

 

頼れる味方とともに大野投手、これからも戦い続いていきます。最後に一言お願いします。

 

(大野)今日は1つ勝てたんですけど、僕自身まだマイナス1つ、2勝3敗なのでこれからどんどん勝って勝ち星伸ばしていて、チームをどんどん上位に上げていけるようにこれからも腕振って最後までこうやって投げ切れる試合を1つでも増やせるようにやっていきます。応援よろしくお願いします。

 

ありがとうございました。今日のヒーロー大野投手、石川選手でした。放送席、どうぞ。