ヒーローインタビュー速報【セリーグ/全試合 全文掲載中】

プロ野球 セリーグのヒーローインタビューを速報でお伝えします

2022年5月4日 DeNA・大貫投手、嶺井選手 ヒーローインタビュー【全文】

【試合結果:  DeNA 7-1 中日】 

大貫「嶺井さんのリードに引っ張ってもらっていいピッチングができたと思います」

嶺井「そんな技術はないです」

 

それでは横浜DeNAベイスターズファンの皆様、お待たせいたしました。今日のヒーローインタビューです。先発バッテリーのお二人、大貫投手と嶺井選手です。まずは大貫投手に伺って参ります。6回無失点、毎回の8つの三振を奪いました。今日のピッチング改めて振り返っていかがですか?

 

(大貫)しっかりと自分らしいピッチングができましたし、嶺井さんのリードに引っ張ってもらっていいピッチングができたと思います。

 

立ち上がりはピンチも迎えました。努めて冷静な表情には見えていましたが、実際心の内ではどうだったんでしょう?

 

(大貫)先頭を出して内心少し焦ったんですけど、しっかりとミーティング通りのピッチングをしようと心がけて、嶺井さんもたくさん声かけてくれましたし、よかったです。

 

あのピンチを切り抜けてからは6回まで、デッドボールありましたけれどもヒットは許さず、見事なピッチングでしたね。

 

(大貫)しっかりとそこからリズムに乗ることができたのでよかったです。

 

非常に丁寧にと意識も見えましたが、これで今シーズン初勝利を手にしました。

 

(大貫)ありがとうございます。

 

今シーズンの初勝利、その味わいというのはどうでしょうか?

 

(大貫)5試合目なんですけどすごく嬉しいです。ゴールデンウィークの満員の横浜スタジアムで1勝目ができてとてもうれしいです。ありがとうございます。

 

ナイスピッチングでした。さぁそしてその大貫投手を支えてバッティングでもホームラン、支えてくれました嶺井選手です。ナイスバッティングでした。

 

(嶺井)ありがとうございます。

 

まずはあのホームラン、いつも通りバットを飛ばしてらっしゃいましたけども、手応えはどうでしたか?

 

(嶺井)芯に当たってくれたんで何とか飛んでくれと思いながら走ってました。

 

嶺井さん、あのスライダー狙ってましたか?

 

(嶺井)そんな技術はないです。

 

しっかりと読んで呼び込んで狙いすました一撃に見えましたが。

 

(嶺井)そんなことないです。

 

ただ大貫投手にとっても大きなホームラン、援護点になりました。調べてみましたら嶺井さん、3年ぶりのホームランでしたが一軍で。改めてどうでしょう?

 

(嶺井)いい風に乗ってくれてよかったです。

 

今日はリードの方でもしっかりと大貫投手を引っ張ってというところでした。二人のコンビというのは改めてどうですか?

 

(嶺井)チームも苦しい中の戦いでしたし、大貫自身も勝てない試合が続いていたので、その中で大貫がしっかり調子があんまり良くない中、丁寧に丁寧に投げてくれた結果が勝ちにつながったと思います。

 

お二人とも今日が今シーズンの初めてのお立ち台ということで、久しぶりにこの満員のファンの前でのお立ち台ということになりました。それぞれにお伺いしたいんですけれども、目の前に広がる景色、戻ってきた景色というのは、まず嶺井さんどうでしょう?

 

(嶺井)コロナ時期のヒーローインタビューはやったことないんで、いつもの光景です。

 

大変失礼しました。大貫投手はどうでしょうか?

 

(大貫)ウイング席もできましたし、満員の真っ青っていうかブルーがたくさんあってすごく心強かったです。

 

さぁその満員に染まったベイスターズブルー、そのファンに支えてもらった大貫投手そして嶺井選手、今日で連敗止まりましたけれども、明日からとどんどん勢いつけていってもらいたいと思います。今度はファンの皆さんに力強く今後に向けて一言ずつお願いします。まず大貫投手。

 

(大貫)明日からしっかりといい勢いに乗って連勝できるようにまたがんばります。ぜひ球場に来て応援してください。よろしくお願いします。

 

そして嶺井選手は3年分の思いも込めてということになります。久しぶりのお立ち台ですから。よろしくお願いします。

 

(嶺井)ほんとにまだまだ苦しい戦いは続くと思いますが、選手は一生懸命勝ちに向かってやりますので、皆さんもっともっと背中を押してもらったら嬉しいです。明日からもよろしくお願いします。

 

ありがとうございました。本日のヒーローは先発バッテリー大貫投手そして嶺井選手でした。