ヒーローインタビュー速報【セリーグ/全試合 全文掲載中】

プロ野球 セリーグのヒーローインタビューを速報でお伝えします

2022年4月21日 DeNA・池谷投手、藤田選手 ヒーローインタビュー【全文】

【試合結果:  DeNA 7-5 阪神】 

池谷「やれる事はいつも通りと一緒なので、いつも通り全力でバッター1人1人に向かって勝負していきました」

藤田「今日は牧の42歳の誕生日、勝利で飾ることができてよかったです」

 

横浜スタジアムにお越しのベイスターズファンの皆様お待たせしました、ヒーローインタビューです。今日のヒーローは投打のヒーロー2人です。池谷蒼大選手そして藤田一也選手です。ナイスゲームでした。まずは池谷さんからお話を伺います。5回クリーンアップ相手に三者凡退でした。どういう思いでマウンドに上がりましたか?

 

(池谷)もうやれる事はいつも通りと一緒なので、いつも通り全力でバッター1人1人に向かって勝負していきました。

 

池谷さん、あのピッチング三者凡退というのは今日両チーム含めて唯一の三者凡退、そしてその後の逆転につなげるピッチングだったんじゃないですか?いかがですか?

 

(池谷)そうですね、流れを持ち込むことができてよかったです。

 

そして今日の池谷さんのピッチングはプロ2年目プロ初勝利ということになりました。いかがでしょう?

 

(池谷)はい、最高です。

 

雨のゲームでした。プレーボールがかかってそしてずっと雨が降り続いた状態でした。多くのお客さんがそれでも駆けつけてくれました。このお客さんにメッセージをお願いします。

 

(池谷)雨の中スタジアムに足を運んでいただき全力応援ありがとうございます。

 

まずは投のヒーロー、プロ初勝利池谷選手でした。そして打のヒーロー、藤田一也選手です。ナイスバッティングでした。

 

(藤田)ありがとうございます。

 

10年ぶりにベイスターズ復帰の今シーズン、早くも2度目のお立ち台ということになりました。どうですか?

 

(藤田)ほんとに2回目ですけど、ほんとに嬉しいです。

 

まさに勝負所での代打でした。5回2アウト2、3塁。あの場面どういう思いでバッターボックス行きましたか?

 

(藤田)取ったり取られたりの展開で、あの回は追いつくよりも追い越したいという気持ちで打席に入ったんですけど、パスボールで同点になったので気持ち的にも楽に打席に立てました、はい。

 

まさにあの一打は追い越す一打になりましたね。

 

(藤田)はい、ほんとその後も楠本泰史がしっかりつないでくれて点につながってよかったです。

 

雨の中多くのお客さんも来てくれました。そして映像を通して多くの方も、ラジオを通しても多くの方見たり聞いたりしてると思います。メッセージ最後にお願いしてもいいですか?

 

(藤田)ほんとに雨の中本当にありがとうございます。今日は牧の42歳の誕生日、勝利で飾ることができてよかったです。これからもチーム一丸となって頑張りたいと思います。これからも応援よろしくお願いします。ありがとうございました。

 

ありがとうございました。池谷蒼大選手そして藤田一也選手でした。