ヒーローインタビュー速報【セリーグ/全試合 全文掲載中】

プロ野球 セリーグのヒーローインタビューを速報でお伝えします

2022年4月15日 阪神・佐藤輝明選手、ロハス・ジュニア選手、青柳投手 ヒーローインタビュー【全文】

【試合結果:  阪神 4-1 巨人】 

佐藤「点が欲しいとこだったんで必死に食らいついた結果、風もあって入ってよかったです」

ロハス・ジュニア「風のおかげで何とかホームランになりました。ほんとに風に感謝します」

青柳「上を目指して皆頑張っているので、明日からも温かい応援よろしくお願いします」

 

放送席、放送席、そしてタイガースファンの皆さん、ヒーローインタビューです。今日のヒーローは連敗ストップの3人。佐藤輝明選手、ロハス・ジュニア選手、そして青柳投手の3人です。

まずは5回、逆転2ランを放ちました佐藤輝明選手です。久しぶりの勝利の瞬間、大歓声の甲子園球場、今の気持ちを教えてください。

 

(佐藤)めちゃくちゃうれしいです。

 

今シーズンの第4号の逆転2ランホームラン、5回でした。1点ビハインドでマウンドには相手のエース菅野投手、どんな思いでバッターボックスに向かったんですか?

 

(佐藤)点が欲しいとこだったんで必死に食らいついた結果、風もあって入ってよかったです。

 

食らいついたとおっしゃいましたが、ホームランの前の直前の2球、インコースのストレート、ファウルにしてそしてホームランでした。あの打席の内容ご自身で振り返っていかがですか?

 

(佐藤)変化球も頭に入れつつ、最後打てる球が来たんで何とか必死に食らいついて打てたでよかったです。

 

ホームランの感触、そしてベース1周、歓声の中走っていく時どんな気持ちになりました?

 

(佐藤)めちゃくちゃ嬉しかったです!

 

開幕からご自身は4番として打順打ってきました。苦しい中で昨日からは打順が2番になりました。この辺の心境の変化はありますか、ないですか?

 

(佐藤)しっかり自分のスイングっていうところは変えずに今日も臨みました。

 

甲子園で伝統の1戦でジャイアンツに勝ちました。佐藤さん、明日からももちろん打ってくれますか?

 

(佐藤)このまま波に乗って明日も明後日も勝ちたいと思います。

 

佐藤選手に伺いました。さて続いては8回、貴重な追加点2ランホームランを打ちました、ロハス・ジュニア選手です。

 

ロハスジュニア)アリガトウゴザイマス。

 

ロハスさん、8回は1点リード、ランナーが1人出てどんな思いでバッターボックスに向かったんですか?

 

ロハスジュニア)早いカウントで積極的に振ろうと思っていました。その結果がああいう結果になってくれてよかったです。何とか2塁打とか長打でも出てくれればと思ったんですけれども、風のおかげで何とかホームランになりました。ほんとに風に感謝します。

 

この甲子園の風も味方にしましたが、ロハスさんにとってヒーローインタビューお立ち台は今回が初めてですか?

 

ロハスジュニア)何とかやっと最後ここに立つことができました。去年は自分の全力出してなんとかここに立とうと思ってたんですけど、なかなか立てなかったんでこういう立つ機会がもらえて本当に嬉しいです。

 

ロハスさん、これからも何度も何度もここに立ってください。お願いします。

 

ロハスジュニア)これから何回も何回も立てるように自分の全力出していきたいと思います。ヘッドコーチにも監督にもコーチたちにも言ったんですけど、必ずこのチームを1位に導くというふうに言いました。必ずやってみせます。

 

力強い言葉ありがとうございます。ロハス・ジュニア選手でした。さて続いては今シーズン初登板で初勝利、お待たせしました、待ってました。青柳投手お帰りなさい。

 

(青柳)すいません、遅くなりました。

 

今日も34,000人以上のこの歓声、久しぶりに聞いてどうでした?

 

(青柳)やっぱ最高っすね。

 

青柳投手にとっては今日が開幕となるわけですけれども、実際にプロ野球開幕の時期から非常に歯がゆい思いがあったと思います。その辺りいかがですか?

 

(青柳)自分的にもちょっと悔しい感じはありましたけど、いち早く戻ってチームに貢献そしてチームの流れを変えるピッチングをしたいと思ってやってきました。

 

まさに流れを変えるピッチング、今日はダブルプレーも3つありました。ご自身の良さ出たんじゃないですか?

 

(青柳)守備に助けられてばっかですけど、長いイニング投げれましたし勝ちに導けたっていうところが1番かなと思います。

 

調整で鳴尾浜にもいました。ここまでのいろいろな思い、後輩投手への思いもあると思いますが、その辺りはどうでしょう?

 

(青柳)そうですね、やっぱり鳴尾浜で過ごした期間が3週間ほどあったんで、若い投手も頑張ってますし、その手本になるように頑張ろうと思って今日は鳴尾浜の選手も見といてくれって言っているので、良いピッチングができたかなと思います。

 

勝利の瞬間ベンチ前でいろんな選手に伝えらてれましたが、何か言葉交わされましたか?

 

(青柳)みんなナイスピッチという感じでしたけど、それよりもやっぱりファンの方の歓声だったり、そういうとこがほんとに嬉しかったです。

 

さぁこれで阪神タイガース今シーズン反撃へ向けてまた明日からも戦いが続いていきます。最後に青柳投手から決意の一言お願い致します。

 

(青柳)上を目指して皆頑張っているので、明日からも温かい応援よろしくお願いします。

 

ありがとうございました。今日のヒーローは佐藤輝明選手、ロハス・ジュニア選手、青柳投手の3人でした。放送席、どうぞ。