ヒーローインタビュー速報【セリーグ/全試合 全文掲載中】

プロ野球 セリーグのヒーローインタビューを速報でお伝えします

2022年4月12日 中日・阿部選手、石川昂弥選手 ヒーローインタビュー【全文】

【試合結果:  中日 2-1 阪神】 

阿部「大野さんが頑張ってて、ピッチャー陣が頑張ってくれてたので、ほんとに1点取れてよかったです」

石川「ここに立つのが夢だったので、ほんとにうれしいです」

 

放送席、放送席、今日のヒーロー2人にお越しいただきました。同点タイムリーヒット阿部寿樹選手、そして勝ち越しタイムリーヒット石川昂弥選手です。まずは阿部選手から伺いましょう。阿部さん、すばらしい同点タイムリーヒットでした。振り返ってください。どんな手ごたえだったんでしょう?

 

(阿部)落ちてくれたんでよかったです、はい。

 

2塁ベース上で喜びが爆発しておりました。どんな思いだったんでしょうか?

 

(阿部)大野さんが頑張ってて、ピッチャー陣が頑張ってくれてたので、ほんとに1点取れてよかったです、はい。

 

そして阿部さん、阿部さん自身7試合連続打点ということになりました。絶好調ですね。

 

(阿部)結果的に7試合連続なってくれて良かったなと思ってます、はい。

 

それにしても阿部さん、今シーズンは逆転の竜です。終盤に何かが起こります。そんな8回、今日も演じてくれました。どんな思いですか?

 

(阿部)本当は初回から点をとって、ピッチャー陣に楽に投げさしてあげたいと思ってるんですけど、なかなか難しいので勝つことが1番かなと思います、はい。

 

阿部さん、これでチームは去年4月2日以来の貯金1となりました。

 

(阿部)はい、もっと貯金できるようにがんばります、はい。

 

そして見事チームを勝利に導きました石川昂弥選手です。

 

(石川)ありがとうございます。

 

石川さん、ご覧ください、ここがバンテリンドーム本拠地のお立ち台から見た景色です。どんな風に見えますか?

 

(石川)最高です。

 

おそらく小さい頃からそこに立つことを夢見てきたんじゃないかと思います。実際、今立ってみた思いを聞かせて下さい。

 

(石川)ここに立つのが夢だったので、ほんとにうれしいです。

 

同点になってあの打席、いろんな思い、いろんな読みがあったと思いますが、ファンの皆さんに届けてください。

 

(石川)とにかくチャンスだったので、何とか打点付けれればいいなと思ってました。

 

2球で追い込まれて、1球低めのボールを見送りました。その時の心境や思いはどうだったんでしょうか?

 

(石川)とにかくゾーンを上げて打ちに行ってました。

 

神宮球場では2本のホームランがありました。当然ドラゴンズファンの皆さんはここでのホームランを1日でも早く期待してると思います。どうですか?

 

(石川)僕も打ちたいんですけど、なかなか出ないんで早く打てるように練習します。

 

さあそれでは阿部さん、最後に明日以降もですね、見事な試合を届けてください。ファンの皆さんに一声お願いできますか?

 

(石川)明日も勝てるように選手全員で一生懸命戦っていきますので応援よろしくお願いします。

 

石川選手、明日以降力強いメッセージをファンの皆さんに届けてください。

 

(石川)とにかくチームが勝てるように、その勝ちに自分が貢献できるように何ができるか考えてしっかりやっていきたいと思います。応援よろしくお願いします。

 

ありがとうございました。今日のヒーロー同点タイムリーの阿部選手、そして勝ち越しタイムリーヒット石川昂弥選手でした。大きな拍手をお送りください。放送席、どうぞ。