ヒーローインタビュー速報【セリーグ/全試合 全文掲載中】

プロ野球 セリーグのヒーローインタビューを速報でお伝えします

2022年4月5日 広島・九里投手、松山選手 ヒーローインタビュー【全文】

【試合結果:  広島 3-1 巨人】 

九里「フォアボールが多くてヒヤヒヤしたピッチングをしてしまったんですけれど、もっと安心して見れるピッチングをもっとしたいと思います」

松山「鹿児島にいるじいちゃんばあちゃん、俺やったよー!」

 

放送席、放送席、そしてマツダスタジアムカープファンの皆さん、ヒーローインタビューです。今日のヒーローはチームを勝利に導いた投打の2人、まずは今シーズン初勝利背番号11九里亜蓮投手、そしてもう1人決勝タイムリー背番号55松山竜平選手です。

まずは九里投手にお話伺います。今シーズン初勝利おめでとうございます。

 

(九里)ありがとうございます。

 

チームが名古屋で悔しい思いをして迎えた地元での1戦でしたが、九里投手自身どんな思いでマウンドに上がったんでしょうか?

 

(九里)何とかチームに勝ちがつくようなピッチングができるように、それだけを思ってマウンドに上がりました。

 

そういった中で6連勝中と好調ジャイアンツ打線を7回1失点に抑えました。今日のピッチング振り返っていただけますか?

 

(九里)フォアボールが多くてリズムが悪かったんですけど、本当に野手の方にしっかり守っていただいて何とか1点に抑えれたかなと思います。

 

本当に粘りのピッチングだったと思いますが、特に最終イニングとなった7回ですね、ランナー2塁1塁、4番の岡本選手の場面、ダブルプレーでしたが振り返っていただけますか?

 

(九里)もう本当に気持ちだけ、そこだけで抑えれたと思います、はい。

 

そして今の拍手も届いてると思いますが、このマツダスタジアムの雰囲気というのはマウンドでいかがだったでしょうか?

 

(九里)本当にピンチの時もたくさん応援をいただいて、たくさん力をもらっています。本当にありがたいです。

 

そしてファンのエールを力に変えて決勝タイムリーを打ちました松山選手に伺います。ナイスバッティングでした。

 

(松山)ありがとうございます。

 

今日は1週間ぶりのスタメンという事でしたが、6番レフトで行くぞと言われたときはどんな気持ちでしたか?

 

(松山)とにかく自分のバッティングができるように、1日1打点と目標を立てているので1打点取れてよかったです。

 

その打点となった場面を振り返っていただきたいんですが、6回チャンスであの打席、いかがでしたか?

 

(松山)そうですね、最初の打席でちょっと三振しちゃって、ちょっと何とか食らいついていこうと思って、いいバッティングができました。

 

決して簡単なボールではなかったと思うんですけれども、スイング自体はいかがでしたか?

 

(松山)自分らしいバッティングができたと思います、はい。

 

そしてそのバッティングでチームに白星がついたというのはいかがでしょうか?

 

(松山)本当に名古屋で3連敗して、こっち帰ってきて絶対みんなで勝ってやろうという気持ちがほんとにあったんで、またこっちで帰ってきて勝つことができてほんとによかったです。

 

そして松山選手、この球場では今シーズン全勝というのはいかがですか?

 

(松山)やっぱりファンの皆さんの声援っていうのがすごく大きく僕らに力を与えてくれるので、明日からも赤く染めてください。

 

それでは最後にお二方に今シーズン今後に向けての意気込みを伺いたいと思います。まずは投手キャプテン九里投手、今シーズンどんな思いでキャプテンとしてチームを今後勝利に導いていきたいですか?

 

(九里)そうですね、今日ほんとにフォアボールが多くてヒヤヒヤしたピッチングをしてしまったんですけれど、もっと安心して見れるピッチングをもっとしたいと思います。明日からも温かい声援よろしくお願いします。

 

さぁそして松山選手、2年ぶりのお立ち台という事なんですが、ファンの方少し期待している部分もあるかもしれませんが、首を横に振ってらっしゃいますか?

 

(松山)2年ぶりですか、まあまあ長いすね。そんだけ僕も打ってなかったんで、とにかくピッチャーがすごく頑張ってくれて最小失点でやってくれてるんで、野手のみんなでピッチャーを助けれるように毎日泥臭い試合になるとは思いますけど、全力でみんなで戦って勝っていきたいと思います。

 

もうやめときますか?

 

(松山)また明日からも、球場を赤く染めてください。そして鹿児島にいるじいちゃんばあちゃん、俺やったよー!

 

最後は決め台詞ありがとうございました。今日のヒーローは松山竜平選手、そして九里亜蓮投手でした。放送席、どうぞ。