ヒーローインタビュー速報【セリーグ/全試合 全文掲載中】

プロ野球 セリーグのヒーローインタビューを速報でお伝えします

2022年4月1日 中日・大野雄大投手、鵜飼選手、阿部選手 ヒーローインタビュー【全文】

【試合結果:  中日 3-2 広島】 

大野「監督含め首脳陣の方にすごく信頼していただいてるんで、それを裏切らないように今年はもう働きまくります」

鵜飼「大野投手が頑張っていて昨日僕がチャンスで打てなかったので、何が何でも打とうと思って打席入りました」

阿部「まさかこの広いドームで入るとは思わなかったです」

 

放送席、放送席、ヒーローインタビューです。今日のヒーローはドラゴンズ3人の選手にお越しいただきました。まずは自信今シーズン初勝利大野雄大投手です。そして同点タイムリー、素晴らしいタイムリーでした鵜飼選手です。そして見事な一発、さらには勝ち越しのタイムリー阿部選手にお越し頂きました。

まずは大野雄大投手からお話伺っていきます。今シーズン初勝利おめでとうございます。

 

(大野)ありがとうございます。

 

今日は対戦相手がカープ6連勝中でした。そのカープを迎えるにあたってどんな思いでマウンドに上がりましたか?

 

(大野)はい、カープ打線好調で3割以上打ってるバッターがたくさんいたんですけど、自分のピッチングをまずしようと思ってマウンドに上がりました。

 

8回2失点という投球内容、ご自身今日の投球はどのように振り返りますか?

 

(大野)自分の送球ミスから逆転されてしまったんで、なんとか長いイニング投げてチームが追いついてくるまで頑張って投げようと思ってました。

 

大野雄大投手が打席に入った中でもセーフティーバントで何とか自分も塁に出ようとそういった思いも伺えるシーンもあったんですが、そういった気迫もありましたね。

 

(大野)大瀬良投手いい投手なので、やっぱり球数も1球でも多くとか考えながらやってますけど、まぁ駄目だったですけど、また自分自身開幕投手して立浪監督の初戦を何とか勝ちたかったんですけど、勝てなかって本当に申し訳ない気持ちでいたんですけど、今回からしっかりとしたピッキングして少しでも勝ちを拾っていって最終的にはいい成績でいられたらいいと思ったので、今日はとても気合は入ってました。

 

エース同士の投げ合いということになりましたが大瀬良投手との投げ合いというのもかなり意識をされましたか?

 

(大野)この時期よく大瀬良投手の投げ合うんですけど、いつも負けてたんで今日なんとしても勝ちたいと思って来ましたし、大瀬良投手も120球超えたピッチングしてましたけど、なんとかこの二人だけじゃないですけどみんなが繋いでくれて追い越してくれて、本当にありがたいですね、はい、よかったです。

 

その8回、同点に追いつきそして勝ち越しました。その瞬間ベンチでは両手を挙げて喜んでいるそんな様子も見られましたか、どんな思いで攻撃をご覧になってましたか?

 

(大野)8回以外もチャンスあったんですけど、そのたびに僕はチームのみんなのことを信じて打ってくれると思って、ベンチでいつも見てますし8回はそれはそれが通じたといいますか打ってくれましたし、最後まで諦めずに戦うことがほんとに大事だなと思いましたし、皆さんもそうやって応援していただけたら嬉しいです。

 

ゲーム終わった瞬間ドラゴンズ勝利、そして大野雄大投手も今シーズン自身の初勝利となりました。どんな思いがこみ上げてきましたか?

 

(大野)いつも春先ですよね、あんまり勝ててないんで今年は2戦目で勝てて、でもね1勝1敗なのでここからどんどん勝っていって、監督含め首脳陣の方にすごく信頼していただいてるんで、それを裏切らないように今年はもう働きまくります。

 

投手キャプテンにも選ばれまして、その投手キャプテンに選出した立浪監督に本拠地初勝利をプレゼントすることができましたね。

 

(大野)はい、本拠地4戦目ということでね、もう少し前に勝てたら良かったんですけど、みんな必死にやっている中の結果ですし、今日勝てて本当まず1つ勝てて良かったと思いますし、これからも名古屋だけじゃないんですけど本当に見に来ていただいてる、またそのテレビで見ていただいてる方々に喜んでいただけるように1つでも勝っていきます。

 

まずは大野雄大投手のお話伺いました。続いて同点タイムリー鵜飼選手にお話伺います。ナイスタイムリーでした。

 

(鵜飼)ありがとうございます。

 

まず鵜飼選手、プロ初のお立ち台ということになりますね。

 

(鵜飼)はい、鵜飼航丞です。よろしくお願いします。

 

ヒーローインタビューのお立ち台の席からこの光景というのはいかがですか?

 

(鵜飼)とても幸せです。

 

温かいドラゴンズファンの拍手が今響いていますが、鵜飼選手、あの場面どういった思いで打席に立ちましたか?

 

(鵜飼)はい、大野投手が頑張っていて昨日僕がチャンスで打てなかったので、何が何でも打とうと思って打席入りました。

 

追い込まれた中でも粘りのそういったバッティングが見えてその中で生まれたタイムリーだったようにも思いますが、改めてどんな打席でしたか?

 

(鵜飼)最初のとんでもないボールを振ってしまってちょっとやばいかなと思ったんですけど、冷静にその後立つことができて最後のタイムリーに繋がったかなと思います。

 

イムリーを放って1塁ベース上ではベンチに向かってガッツポーズそういった姿もありましたが、どんな思いがこもったガッツポーズでしたか?

 

(鵜飼)1点が遠くてどうしても1点が取りたかったので、その1点が取れて本当に嬉しかったです。

 

ルーキーイヤーとして先日も大きなこのバンテリンドームナゴヤに飛び込むホームランも放ちました。ここまでの活躍そしてここまでの働きというのはご自身はどのように今振り返ってますか?

 

(鵜飼)まだ大事な場面ではなかなか打ててないので、これからも大事な場面で1本出せるように、そして勝利につなげられるように頑張ってきたいと思ってます。

 

見事な同点タイムリーでした、鵜飼選手でした。さぁそして見事な一発を放ちそして勝ち越しタイムリーとなりました阿部選手にお話を伺います。

 

(阿部)ありがとうございます。

 

まずは今日は第一打席の素晴らしい一発、あの打席どんな思いで入りましたか?

 

(阿部)甘い球何球も来ないと思ったので初球から行けたら行こうと思いながら振りました。

 

打った感触はいかがでしたか?

 

(阿部)抜けてくれるかなと思ったんですけど、まさかこの広いドームで入るとは思わなかったです。

 

チームが3連敗の中で迎えた今日の試合で今週初めての先制点となりました。大きな1点になりましたね。

 

(阿部)そうですね、なかなか点が取れない中で取れて良かったです。

 

そして8回の勝ち越しタイムリーについても伺います。2対2に追いつきそして阿部選手に打席が回ってきました。あの場面どういった思いで打席に入りましたか?

 

(阿部)大野さんが頑張ってくれて、チーム全員でチャンスを作ってくれたので、どんなあたりでもいいので、ヒットを打ちたかったです、はい。

 

センター前に落ちてセカンドランナーが帰ってきて勝ち越しになった瞬間どうでしたか?

 

(阿部)嬉しかったです、はい。

 

開幕からここまでの戦いというのは阿部選手、どういったことを意識されて試合に臨んでいるんでしょうか?

 

(阿部)なかなか打ててないので自分の仕事、フォアボールでも何でも塁に出ようと思いながら必死にやってます、はい。

 

明日からもドラゴンズの勝利を願うファンに向かって3人の選手に最後締めていただきます。まずは阿部選手、明日以降の戦いに向けて意気込みをお願いします。

 

(阿部)1試合1試合一生懸命やって勝てるように頑張りたいと思います。

 

続いて鵜飼選手、明日以降への意気込みをお願いします。

 

(鵜飼)はい、明日からもっと点をとって、たくさん勝てるように頑張るのでたくさんの応援よろしくお願いします。

 

それでは最後大野雄大投手に締めていただきます。次回の登板への意気込みを含めてファンの方にメッセージをお願いします。

 

(大野)はい、チームはまだまだ、まだまだじゃないか、まだまだ借金3つあるんで、3つありますよね、なので1日でも早く1つでも早く返していって、強いドラゴンズ皆さんに見ていただきたいんで、僕もしっかりと次に向けてまた準備して勝てるピッチング、チームを勝たせられるピッチングしていきますので、また応援の方よろしくお願いします。

 

ありがとうございました。今日のヒーローは大野投手、鵜飼選手、阿部選手でした。放送席、どうぞ。