ヒーローインタビュー速報【セリーグ/全試合 全文掲載中】

プロ野球 セリーグのヒーローインタビューを速報でお伝えします

2021年11月25日 オリックス・ジョーンズ選手 ヒーローインタビュー【全文】

【試合結果:  オリックス 6-5 ヤクルト】 

ジョーンズ「後の無いギリギリのところでしたので、あの場面で打つことができて本当よかった」

 

放送席、放送席、続きましてはヒーローインタビューです。9回決勝ホームラン、アダム・ジョーンズ選手です。ナイスホームランでした。

 

(ジョーンズ)ありがとうございます。今日の試合というの本当に後の無いギリギリのところでしたので、あの場面で打つことができて本当よかったです。これから神戸の方に戻って試合は続きますけども、オリックスファンの皆さんたくさんの方が球場に来て応援をして頂きたいという風に思っております。

 

改めてもう少しあの打席のお話お伺いしたいと思うんですけれども、同点に追いつかれた中での9回先頭バッター、マウンドにはヤクルト守護神のマクガフ投手が上がっていたんですが、どんな意識でのバッターボックスだったんでしょうか?

 

(ジョーンズ)とにかくピンチヒッター、代打ということで、そこの準備はしっかりしながらあの場面で外国人投手ということでまっすぐが来たらそれをしっかり捉えようという中で、しっかり打つことができました。

 

完璧な一振りだったと思いますが、感触を教えてください。

 

(ジョーンズ)いい当たりだったので、手の方には全く感触はなかったです。

 

今年のオリックス本当に追い込まれてから強いと思うんですが、メジャーでも経験豊富なジョーンズ選手から見て、今のチームのこの逆境での強さ、どう映ってますか?

 

(ジョーンズ)とにかくこのチームは最後の最後まで諦めない最後のアウトまで諦めない、相手チームがみんなでハイタッチをしてるその状況になるまで絶対に諦めないという中で毎試合戦っています。

 

さぁ明後日から神戸での最終決戦2試合ということになります。それではチームを代表して逆転日本一へ一言抱負をお願いします。

 

(ジョーンズ)とにかく神戸の方には皆さん応援来てください。そして今皆さんが持たれてる旗を掲げて応援お願いします。山本投手が投げることになるので、すごくチャンスがあるいい試合をやっていけると思います。よろしくお願いします。

 

ありがとうございました。見事な決勝ホームラン、ジョーンズ選手でした。放送席、どうぞ。

 

(ジョーンズ)サイコー!