ヒーローインタビュー速報【セリーグ/全試合 全文掲載中】

プロ野球 セリーグのヒーローインタビューを速報でお伝えします

2021年11月21日 ヤクルト・高橋投手 ヒーローインタビュー【全文】

【試合結果:  ヤクルト 2-0 オリックス】 

高橋「自分も粘り強く投げれましたし、その結果が青木さんがタイムリー打ってくださったので、そこからまたギアを上げて投げることができました」

 

今日のヒーローです。高橋投手です。

 

(高橋)ありがとうございます。

 

ここ1番で完封勝利133球の大熱投、どんな心境ですか?

 

(高橋)そうですね、気合で投げました。

 

投手戦、相手も好投、試合中はどんな心境だったんでしょう?

 

(高橋)やっぱり向こうの宮城くんもすごいピッチングしてたんで、自分は先に降りるか、と思いながらマウンド立ってました。

 

しかしその好投が最終的にはヒーローというと立場になってこの瞬間を迎えました。いかがですか?

 

(高橋)自分も粘り強く投げれましたし、その結果が青木さんがタイムリー打ってくださったので、そこからまたギアを上げて投げることができました、はい。

 

特に6回7回三者凡退に抑えたら、その流れが青木さんのバッティングにも繋がっていった、そんな感じもありましたが、自分のピッチング踏まえてどんなふうにあの流れを見ていました?

 

(高橋)もう3人で抑えた記憶ないですね。もう一人一人と思ってバッターに向かって投げてたので、それが9回まで投げれたのでそこがよかったのかなと思います、はい。

 

昨日悔しい負けがありましたが、今日重い重い1点を争うこの試合の中で、この大きな勝利、1勝以上の価値がある、そしてご自身の中でも大きな価値のある勝利になったと思います。その辺りいかがでしょうか?

 

(高橋)昨日は本当に最後サヨナラで負けてしまったので、今日は絶対やり返すぞっていう気持ちを持って初回からマウンド立ったので、その結果がこうやって9回抑えられたので本当によかったです。

 

さぁ、これで東京へ戻ります。東京のファンの皆さんも待っていると思います。第3戦以降へ向けてファンの方へメッセージをお願いします。

 

(高橋)ここからもまだまだきつい戦いがあると思います。ファンの皆さんの声援が本当に選手に勇気をくれます。これからも熱いご声援よろしくお願いします。

 

日本シリーズ第二戦ヒーロー高橋投手でした。どうぞ大きな拍手をお願いします。