ヒーローインタビュー速報【セリーグ/全試合 全文掲載中】

プロ野球 セリーグのヒーローインタビューを速報でお伝えします

2021年10月17日 広島・玉村投手 ヒーローインタビュー【全文】

【試合結果:  広島 4-2 阪神】 

玉村「今日はどうしても負けられない試合だったんで、すごい緊張したんですけど、なんとかこういう痺れる展開で投げることができてすごい良かったなと思います」

 

放送席、放送席、ヒーローインタビューです。今シーズン4勝目を挙げました玉村昇悟投手です。ナイスピッチングでした。

 

(玉村)ありがとうございます。

 

まずは4勝目、今どんな気持ちですか?

 

(玉村)今日はどうしても負けられない試合だったんで、すごい緊張したんですけど、なんとかこういう痺れる展開で投げることができてすごい良かったなと思います。

 

痺れる展開、今おっしゃった通りだと思うんですが、1回2回3回はいずれも先頭バッター出塁許してのピッチング、どんなことを意識していましたか?

 

(玉村)今日はこういう日だなと思って、ここで崩れることなく、なんとか粘ろうと思ってずっと投げてました。

 

今日1番良かったところはどこだと思いますか?

 

(玉村)特にないんですけども、キャッチャー石原さんが丁寧にリードしてくれたんでその通りに投げることができて、その結果がなんとか抑えることができました。

 

今良かったところ特になかったとおっしゃっていたんですが、味方の援護を受けた後、4回からのピッチング、どんな意識でしたか?

 

(玉村)野手の方が点取ってくれるんで、なんとか逆転されないようにってことだけ考えて投げてました。

 

今シーズン4勝中2勝がタイガースからの勝利ということなんですが、タイガース打線どんなイメージ今日なりましたか、変わりましたか?

 

(玉村)怖いのには変わりないですし、最後もホームラン打たれて終わってるんで、特にそんなイメージは変わることなく、すごい怖い打線だなと思ってます。

 

ただ防御率セリーグの中では最も低いのがタイガースだと思うんですが、今シーズンはあと7試合、そして来シーズンに向けて何か生きるところ、よかったところありますか?

 

(玉村)そうですね、序盤苦しい展開だったんですけど、それでも何とか粘って持ちこたえたっていうのはすごい力になるなと思います。

 

今シーズン残り7試合、クライマックスシリーズ進出の可能性も残ってると思うんですが、ご自身としてはどんな意気込みで試合に臨んでいきたいですか?

 

(玉村)そうですね、1軍で投げるのも今年が初めてですし、クライマックスに行ってみたいっていう気持ちもあるんで、1戦1戦気を抜くことなく戦っていきたいと思います。

 

ちなみに最後はかなり痺れる展開、どんな気持ちで試合見守っていましたか?

 

(玉村)チームの流れはいいんで、まあここでしっかり抑えてくれるだろうなと思って、栗林さんにだったんで、はい、見てました。

 

今日はナイスピッチングでした。

 

(玉村)ありがとうございます。

 

ありがとうございました。

 

 

【関連記事】

mifune-m.hatenablog.com