ヒーローインタビュー速報【セリーグ/全試合 全文掲載中】

プロ野球 セリーグのヒーローインタビューを速報でお伝えします

2021年10月14日 阪神・板山選手 ヒーローインタビュー【全文】

【試合結果:  阪神 3-0 巨人】 

板山「大学の後輩の高橋遥人が頑張って投げてたんで、なんとか点を取ってあげたいって気持ちで打席に向かいました」

 

放送席、放送席、そして東京ドームのタイガースファンの皆さん、今日のヒーローはもちろんこの選手、板山選手です。

板山さん、昨日昇格されて今日大事な場面でこのヒーローインタビューに今立たれています。率直にどんな思いですか?

 

(板山)最高にうれしいです!

 

チームとしては引き分けも許されない場面、9回2アウト、打席に向かいました。どのような思いでしたか?

 

(板山)先発の大学の後輩の高橋遥人が頑張って投げてたんで、なんとか点を取ってあげたいって気持ちで打席に向かいました。

 

ジャイアンツのストッパービエイラ投手、160kmを超えるボールもあります。初球から積極的なスイングでした。どのような思いでその打席に立っていたんですか?

 

(板山)球が速いっていうのは分かっていたし、捨て身でっていうか必死に食らいつくってことだけ考えてました。

 

もうあと少しでホームランかというような打球でした。打った感触いかがでしたか?

 

(板山)打った瞬間は越えてくれと思って、正直入るっていう考えはなかったんですけど、とにかく点が入ったんでそれがすごく嬉しかったです。

 

板山さんは5月に一軍登録抹消となりましてファームでの期間が長く、そして昨日一軍登録となりました。どのような思いで今シーズン過ごされてきましたか?

 

(板山)やっぱりファームに落ちて苦しい時もありましたけど、諦めたら終わりだと思って日々支えてくれる人に恩返しできるようにと思って毎日やってたんで、この大事な時にいいとこで打てて良かったです。

 

これで関東での遠征9試合終えまして、ジャイアンツとのこの試合も終えました。次は甲子園での戦いですね。次に向けての意気込みをお願いします。

 

(板山)本当にこれからも大事な試合が続きますし、誰一人諦めてる人間はいないと思うので、チーム一丸となって頑張っていきたいと思います。

 

最後になりますが今日は東京ドームの最終戦です。これだけ多くのファンの方がヒーローインタビューをお聞きになっています。力強いメッセージお願い致します。

 

(板山)今日は応援ありがとうございました。これからも一生懸命必死に自分らしく頑張るので応援よろしくお願いします。

 

見事なタイムリー板山選手でした。放送席、どうぞ。