ヒーローインタビュー速報【セリーグ/全試合 全文掲載中】

プロ野球 セリーグのヒーローインタビューを速報でお伝えします

2021年10月12日 広島・九里投手 鈴木誠也選手 栗林投手 ヒーローインタビュー【全文】

【試合結果:  広島 3-0 DeNA】 

九里「さすが誠也だなと思いました」

鈴木「亜蓮さんが頑張ってたんで、なんとか先制点打てて良かったです」

栗林「フォーーーーー!!」

 

放送席、放送席、そしてご来場のカープファンの皆さん、お待たせいたしましたヒーローインタビューです。今日のヒーローは3人にご登場いただきます。九里亜蓮投手、鈴木誠也選手、そして栗林良吏投手です。

それでは3人に登場いただきました。まずは見事12勝目を挙げました九里亜蓮投手です。おめでとうございます。

 

(九里)ありがとうございます。

 

今日はチーム連勝中そしてカードの頭を託されました。どんな思いでマウンドに上がったんですか?

 

(九里)そうですね、もうとりあえず先に点を与えないように、それだけ思って投げてました。

 

先に点を取ってくれたのはお隣の鈴木さんでした。そこはどうご覧になっていたんですか?

 

(九里)本当にさすが誠也だなと思いました、はい。

 

投げては7回わずか1安打で三塁を踏ませないピッチングでした。ピッチング自体振り返っていかがですか?

 

(九里)いいピッチングができて良かったと思います、はい。

 

特に良かったボールですとか良かった点としてはどういったところがあるんですか?

 

(九里)そうですね、ある程度低めに集めることができたと思うので、その辺だと思います、はい。

 

これで12勝目、以前の背番号に並ぶ数字まで来て、そして最多勝争いファンの皆さん期待しています。これについていかがですか?

 

(九里)そうですね、もう1試合1試合勝てるように良いピッチングをして、なんとか取れるように頑張りたいと思います。

 

後ほどまたメッセージをいただければと思います。では真ん中の鈴木誠也選手に伺いたいと思いますが、見事ホームラン含みます3安打猛打賞3打点の活躍、ナイスバッティングでした。

 

(鈴木)ありがとうございます。

 

まずは最初の先制点の打席、振り返って頂きたいんですが、本当に大きな先制点でした。あのバッティングというのはどうだったんですか?

 

(鈴木)亜蓮さんが頑張ってたんで、なんとか先制点打てて良かったです。

 

試合は1−0と緊迫している中、8回には今度は大きな2ランホームランが飛び出しました。あの一発はどうだったでしょうか?

 

(鈴木)球が速かったので空振りした時に厳しいなと思ったんですけど、コンパクトに振った結果がスタンドに入ってくれたんで良かったです。

 

今日は3安打というところで、こちらもファンの皆さんは首位打者争いそれもチームメイトの坂倉選手との争い注目していると思うんですけども、実際鈴木さんはその辺りはどう感じてらっしゃるのですか?

 

(鈴木)僕は1度取らせてもらったんで、坂倉さんが取ってもらえたらいいなと思うので、僕は首位打者よりは今日みたいに良いところでたくさん打てればそれでいいので頑張りたいなと思います。

 

ただその活躍でチームは6連勝となりました。チームの今の雰囲気というのは鈴木さんはどう感じてらっしゃいますか?

 

(鈴木)ベンチの雰囲気もいいですし、ピッチャーの方がたくさん頑張って投げてくれてるので、少しは援護したいなと思って常に試合に臨んでいるんで二人に感謝です。

 

では栗林投手にもお話を伺いたいと思います。見事完封リレー締めて32セーブ目を挙げました、栗林良吏投手です。

 

(栗林)フォーーーーー!!

 

すみません、ちょっとかぶってしまったんですけども。えーと、もう一度お願いできますでしょうか?

 

(栗林)2回目は無理です。

 

失礼いたしました。今日もまた9回のマウンド、3点リードという所ではありましたけども、どんな意識でマウンド上がったんですか?

 

(栗林)8回に誠也さんがホームラン打ってくれたので、ちょっと気持ちは楽な気持ちで上がったんですけど、先頭フォアボール出してしまったので、ちょっとみんなに申し訳ないなと思ってます。

 

でもその後しっかり0で締めて行きましたけど、ピッチング自体振り返っていかがだったでしょうか?

 

(栗林)キャッチャーの石原がカットボールをチョイスしてくれて、いい球が行けたのでキャッチャーのリードのおかげで0で抑えることができました。

 

そしてこれで32セーブ目は球団記録を更新する15試合連続セーブとなりました。これについてはいかがですか?

 

(栗林)監督さんを含めスタッフの方々、先発ピッチャーや野手の方々がいい場面で繋いでくれた結果だと思うので、僕は何もしてないので本当にチームに感謝したいなと思います。

 

今日最後は牧選手との直接対決もありました。こちらも新人王争いファンの皆さん期待してると思います。そこに関してはいかがですか?

 

(栗林)どのバッターでも全力で抑えに行っているので、牧選手っていうところを意識せずに一人のバッターとして勝負することができたのかなと思います。

 

さあこれで見事6連勝となりました。それでは最後にお三方から一言ずつファンの皆さんにメッセージを頂ければと思います。まずは栗林さんからお願いします。

 

(栗林)本日も応援ありがとうございました。残り試合も少ないと思うので、1戦も負けないように1日1日頑張っていきたいと思います。応援よろしくお願いします。

 

(鈴木)皆さん応援ありがとうございました。残り11試合になってきたので、しっかり最後まで諦めず一生懸命戦っていきたいと思いますので、残り試合全力で応援もよろしくお願いします。ありがとうございました。

 

(九里)本日は応援ありがとうございました。前の二人がいいことを言ってしまったので、明日からも熱い声援よろしくお願いします。本日はありがとうございました。

 

ありがとうございました。今日のヒーローは九里亜蓮投手、鈴木誠也選手、栗林良吏投手でした。