ヒーローインタビュー速報【セリーグ/全試合 全文掲載中】

プロ野球 セリーグのヒーローインタビューを速報でお伝えします

2021年10月10日 DeNA・柴田選手 ヒーローインタビュー【全文】

【試合結果:  DeNA 2-1 中日】 

柴田「楠本が決めてくれるだろうと思ってたんで、そしたら申告敬遠だったのでちょっと焦りました」

 

ベイスターズファンの皆さん、お待たせしました。ヒーローインタビューです。本日のヒーローは柴田竜拓選手です。

 

(柴田)ありがとうございます。

 

柴田選手、まずはこのサヨナラ今の率直なお気持ちをお願いします。

 

(柴田)素直に嬉しいです。

 

今日は同点で迎えた9回、ランナーが塁を埋めていったんですけども、まずはあの時どのような気持ちで自分の打席を待っていましたか?

 

(柴田)正直、1、3塁になった時、楠本が決めてくれるだろうと思ってたんで、そしたら申告敬遠だったのでちょっと焦りました。

 

そしてその楠本選手が申告敬遠で満塁策を取られたわけですけども、そして1アウト満塁、どのような気持ち、どのようなイメージで打席に向かいましたか?

 

(柴田)この状況というのは、僕だけではあり得ない形だったので、本当にまず先頭の大和さんがああやって必死にフォアボールで繋いでくれましたし、クワも必死に繋いでくれたので、なんとかみんなの思いを持って打席に行きました。

 

そして3ボールからフルカウントまで行ったと思うですけども、少しあの辺りを振り返っていただけますか?

 

(柴田)正直3ボールになった時点でフォアボールが頭をよぎったんですけど、そんな受け身じゃダメだなと思って攻めて行きました。

 

そして最後はレフトへ犠牲フライとなりました。いかがですか?

 

(柴田)3塁ランナーも関根だったので、かえってくれるだろうと思って走ってました。

 

そして関根選手が塁にかえってきて、1塁のベース近くでびしょ濡れになりましたけど、あの時の気持ちはどうでしたか?

 

(柴田)ここに来られてるファンの皆さんもチームメイトもみんなが喜んでくれたので、それが本当に嬉しかったです。

 

今日は投手陣も非常に良いピッチングをしたので、投打が噛み合って最後は非常に大きな1勝だったと思うんですけど。

 

(柴田)そうですね、こういう接戦というのをなかなか物にできてないので、残り試合少ないですけど、こういう試合を取れたっていうのは今後のチームにすごいいいきっかけになると思うので、これからもしっかりこういう戦いを続けていけるように頑張りたいと思います。

 

それでは最後にこの勝利を信じて最後までパワーを送ってくれたベイスターズファンに力強いメッセージをお願いします。

 

(柴田)今日も本当に最後まで熱いご声援ありがとうございました。残り試合も数試合となってきましたが今年いっぱいまたよろしくお願いします。

 

本日のヒーローは柴田竜拓選手でした。

 

(柴田)ありがとうございました。