ヒーローインタビュー速報【セリーグ/全試合 全文掲載中】

プロ野球 セリーグのヒーローインタビューを速報でお伝えします

2021年10月5日 阪神・大山選手 ヒーローインタビュー【全文】

【試合結果:  阪神 5-2 DeNA】 

大山「打った感触は良かったので、入ってくれと思って走ってましたけど、結果的にホームランになってくれて良かった」

 

勝ちましたタイガース、ヒーローインタビューです。今日のヒーローは見事4番のバッティング大山悠輔選手です。ナイスバッティングでした。

 

(大山)ありがとうございます。

 

3安打猛打賞、ホームラン含む2打点、まずは1回、1、2番近本選手中野選手で1点を先制した後のあのレフトへのタイムリーヒット、振り返ってください。いかがでしたか?

 

(大山))1、2番がいい流れを作ってくれていたので、なんとか返そうと思って打席に入りました。

 

そして大山さん、3回にはライトへの19号ホームラン、横浜スタジアムの特徴を活かしたホームランにも見えました。どういう感触でしたか?

 

(大山)そうですね、打った感触は良かったので、入ってくれと思って走ってましたけど、結果的にホームランになってくれて良かったなと思ってます。

 

タイガースとしては負けられない1試合1試合が続く中で、関東遠征9試合のうちのまず初戦取りました。これは大きいんじゃないですか?

 

(大山)残りの試合も少ないですし、本当に1試合1試合なんとか全員で勝とうと思ってやってますけど、本当に厳しい試合が続くと思うので、もう1回チーム一丸となって頑張りたいと思います。

 

ベイスターズとは明日明後日も試合があります。その後はスワローズとの試合、そして来週にはジャイアンツとの試合と立て立て続けに大事なゲーム続きます。16年ぶりのセリーグ優勝に向けて最後力強いメッセージお願いします。

 

(大山)まずは明日勝てるように頑張ります。ありがとうございました。

 

今日のヒーロー大山悠輔選手でした。ナイスバッティングでした。ありがとうございました。