ヒーローインタビュー速報【セリーグ/全試合 全文掲載中】

プロ野球 セリーグのヒーローインタビューを速報でお伝えします

2021年10月5日 ヤクルト・小川投手 西浦選手 ヒーローインタビュー【全文】

【試合結果:  ヤクルト 3-2 巨人】 

小川「失うものは何もないと思ってとにかく攻めていくことを心がけて思いっきり投げました」

西浦「なんとしてでも塁に出ようと思ってそういう気持ちがあのホームランにつながったと思います」

 

放送席、そして神宮にお集まりのスワローズファンの皆さん、お待たせいたしましたヒーローインタビューです。まずは今日のヒーロー、今シーズン9勝目を挙げました小川泰弘投手です。ナイスピッチングでした。

 

(小川)ありがとうございました。

 

まずは今日の登板、今シーズン初の中5日での登板でしたが見事白星を挙げました。どんな想いでしょうか?

 

(小川)すごい大事な試合だったので受けることなく、しっかり先に攻めていくことを意識して投げた結果が良かったと思います。

 

その大事な試合、攻めて行ったということでしたが、どんな思いでこの連戦の初戦上がりましたか?

 

(小川)そうですね、先発としてはトップバッターだったので何とか良い流れを作りたいと思ってましたし、失うものは何もないと思ってとにかく攻めていくことを心がけて思いっきり投げました。

 

その攻めた結果、今日は6回94球投げて2失点、改めてご自身の今日のピッチング振り返っていただけますか?

 

(小川)先ほども言いましたけど、前回ちょっと受けてしまったので、その反省を活かしてどんどん攻めるという気持ちで投げれたと思います。

 

そしてその小川投手の好投に応え、リリーフ陣もこの1点差を見事守りきってくれましたね。

 

(小川)そうですね、1点差というところで厳しいマウンドだったと思うんですけど、なんとかつなげて勝利につなげて良かったと思います。

 

ベンチではこのリリーフ陣のピッチングというのはどのように見ていましたか?

 

(小川)信頼できるいいピッチャーがたくさんいるので、祈る気持ちで見守ってました。

 

まさにそのピッチャー陣の活躍もあって今日は1点差を勝利しました。そしてこの神宮球場には宣言が明けて初めてこの神宮球場に多くのファンが戻ってきました。このファンの力というのはいかがでしょうか?

 

(小川)こういう厳しい試合ですけど皆さんの声援がとても力になってます。これからも一緒に戦っていきましょう。ありがとうございました。

 

ありがとうございました。今日のヒーローまず一人目は小川泰弘選手でした。

 

(小川)ありがとうございます。

 

さぁ続いて、もうひと方お呼びいたしました。もうひと方、西浦直亨選手でした。おめでとうございます。

 

(西浦)ありがとうございます。

 

まずは今日、今シーズン第4号となりましたあのホームラン、あの打席振り返っていただけますか?

 

(西浦)先頭打者だったので、なんとしてでも塁に出ようと思ってそういう気持ちがあのホームランにつながったと思います。

 

その気持ちで見事打ったホームラン、打球どのように見送っていましたか?

 

(西浦)いい感じで上がったので、なんとか入ってくれ、と思いました。

 

チームとしても欲しかった追加点だったと思いますが、その点はいかがでしょう?

 

(西浦)先発の小川さんがすごいいいピッチングしてくれてたので、なんとか点を取りたいなと思ってました。

 

そして西浦選手にもお聞きしたいんですが、この神宮に戻ってきたファンの力というのはどのように力が加わりましたか?

 

(西浦)本当にいつも温かいご声援ありがとうございます。すごく力もらってます。また明日からも1戦1戦頑張りたいと思います。応援よろしくお願いします。

 

それでは改めてこの1週間、勝負の1週間です。リーグ制覇に向けて熱い一言お願いします。

 

(西浦)大事な試合が続くんですけど、自分たちの野球をしっかりして1試合1試合勝てるよう頑張ります。応援ありがとうございます。

 

ありがとうございました。今日のヒーロー小川泰弘投手そして西浦直亨選手でした。おめでとうございます。