ヒーローインタビュー速報【セリーグ/全試合 全文掲載中】

プロ野球 セリーグのヒーローインタビューを速報でお伝えします

2021年9月26日 ヤクルト・石川投手 山田選手 村上選手 ヒーローインタビュー【全文】

【試合結果:  ヤクルト 16-0 中日】 

石川「チームの状態がすごくいいのでこの連勝を止めないようになんとかゲームを作ることを意識しました」

山田「池山さんに並んだということですごい光栄です。でもまたある人物にすぐ抜かれると思います」

村上「狙えるのであればしっかり狙って獲りたいと思いますし、とにかくチームが優勝することを考えて頑張ります」

 

放送席、放送席、そしてスワローズファンの皆さん、ヒーローインタビューです。まずは投のヒーロー石川雅規投手です。

 

(石川)ありがとうございます。

 

今シーズン4勝目になりました。今投げ終えてどんなお気持ちでしょうか?

 

(石川)チームの状態がすごくいいのでこの連勝を止めないようになんとかゲームを作ることを意識しました。

 

中5日でのマウンドでした。6回無失点、今日のピッチングご自身でいかがでしょうか?

 

(石川)村上が本当に勇気をもらう2ラン打ってくれたんで、よし今日は乗って行こうという、そういう気持ちになれたのでそれが良かったのかなと思います。

 

今日は無失点という内容でした。特にどんなところがよかったでしょうか?

 

(石川)そうですね、ストレートすごく走ってましたし、中村と色々話しながらそういう中で自分の持ち味っていうの出せたのかなと思います。

 

プロ20年目のシーズンです。今年は優勝争いもしています。今年のシーズンというのは石川投手にとってどんなシーズンになっていますか?

 

(石川)僕自身は1試合1試合与えられたとこで頑張るだけですけども、チームが本当に良い状態でいいムードで来ているので、その中に自分もしっかりと入っていけるように1試合1試合しっかりとした準備をするというの心がけてます。

 

そしてチーム優勝争い中ですが石川投手から他の投手陣の皆さんの活躍頑張りというのはどう見ていますか?

 

(石川)本当に毎年ピッチャーが、っていうところですごく言われてるのでなんとかピッチャー陣みんなで1試合でも多く投手で勝てたという試合を作ろうという話はみんなしているので、そういう中で僕自身も若い選手の活躍がすごく刺激になってるので、なんとか若い選手に負けないようにという思いで頑張ってます。

 

ペナントレースも残り25試合になりました。次回登板に向けてそしてファンの皆さんにメッセージを最後お願いします。

 

(石川)しっかりとした準備をするだけですけども毎試合毎試合本当に熱いご声援どうもありがとうございます。残り試合も少なくなってきました。もっともっと熱いゲームが続くと思います。皆さんの声援が僕らの本当にパワーになります。今後ともご声援よろしくお願いします。

 

見事4勝目を挙げました石川雅規投手でしたおめでとうございました。そして続きまして打のヒーロー山田哲人選手です。7打点2ホーマーの活躍でした。ナイスバッティングでした。

 

(山田)ありがとうございます。

 

1本目のホームランは満塁の場面でした。どんな思いでバッターボックス立ちましたか?

 

(山田)追い込まれてたのでなんとか食らいついて外野フライでもいいやっていうちょっと自分に楽な気持ちを言い聞かせて行きました。

 

あのホームランというのは感触というのはいかがでしたか?

 

(山田)少し詰まってたんですけどいい角度で飛んでくれましたし、しっかり振り抜いたのでホームランになったと思います。

 

そしてこのホームランで5度目のシーズン30ホーマーになりました。この記録この数字というのはご自身でいかがでしょうか?

 

(山田)池山さんに並んだということですごい光栄です。でもまたある人物にすぐ抜かれると思いますけど、はい。

 

そのある人物とは誰選手ですか?

 

(山田)皆さんわかってると思いますけど村上選手です。

 

そしてチームとしては10連戦戦い切りました。この10連戦キャプテンとしてチームの雰囲気さらには戦いぶりというのはどう見えていましたか?

 

(山田)一人一人しっかり仕事っていうか役割っていうのはみんな分かってるので、それを徹底してみんながやった結果だと思います。

 

明日を挟んでまた熱戦が続きます。ファンの皆さんにメッセージを最後お願いします。

 

(山田)優勝目指して頑張ります。ご声援よろしくお願いします。

 

7打点2ホーマーの活躍、山田哲人選手でした。おめでとうございました。そしてあの人物でもあります、先制2ランホームラン放ちました村上宗孝選手です。

 

(村上)ありがとうございます。

 

先制のホームラン、初球から行きました。あの一発ご自身で振り返っていかがでしょうか?

 

(村上)石川さんいつもいいピッチングされて僕たちなかなか点数が取れずになかなか勝たせるっていう事できなかったんで、今日の試合前は何とか打つほうでカバーしようという形で初回から点数取れて良かったです。

 

昨日は0−0という試合でした。そんな中で初回に出た一発、チームにとっても大きい一発になりましたね。

 

(村上)すごく良かったです。

 

そしてそのホームランで今シーズンのシーズン100打点に乗りました。こちらも最年少記録となりました。この辺りというのはいかがでしょうか?

 

(村上)1つの目標としてシーズン始まる前にやってたんで、その目標まだシーズン終わってないですけど達成できてよかったです。

 

いつもチームの勝利のためにとお話をしている村上さんですけども、ホームラン打点こちらのトップ2冠も見えてきました。このあたりというのはいかがでしょうか?

 

(村上)狙えるのであればしっかり狙って獲りたいと思いますし、とにかくチームが優勝することを考えて頑張ります。

 

来週からも神宮での熱い戦いが始まります。ファンの皆様にメッセージを最後お願いします。

 

(村上)本当にチーム一丸となって全力で優勝狙って頑張ります。応援よろしくお願いします。

 

見事最年少で100打点に到達しました村上宗隆選手でした。おめでとうございました。