ヒーローインタビュー速報【セリーグ/全試合 全文掲載中】

プロ野球 セリーグのヒーローインタビューを速報でお伝えします

2021年9月26日 広島・栗林投手 ヒーローインタビュー【全文】

【試合結果:  広島 10-8 DeNA】 

栗林「開幕する時から1つ永川さんのところが目標だったので、それを越せることができて本当に良かった」

 

放送席、そして横浜スタジアムカープファンの皆さん、ヒーローインタビューです。カープ3連勝最後締めました栗林良吏投手です。おめでとうございます。

 

(栗林)ありがとうございます。

 

これでカープの球団新人セーブ記録26セーブということで更新しました。まずそのお気持ちから。

 

(栗林)開幕する時から1つ永川さんのところが目標だったので、それを越せることができて本当に良かったです。

 

開幕からこの数字をですから視野に入れてたということですか?

 

(栗林)一つの目標として自分の中ではすごい高い目標だったのかなと思ったんですけども、目標をしっかり持ってやろうと思って目標にしてました。

 

今日でこれ試合数が42試合ですけれども、新人でねこれだけ投げて、そして間オリンピックもあってという中で疲れとかどうなんですか?

 

(栗林)そうですね、試合数は同じ新人の森浦と同じですし、そういう意味では全然疲れもないのでまだまだ残りのシーズン少ししかないですけど、しっかり戦っていきたいなと思います。

 

報道などでは新人王レース非常にハイレベルな争いと言われてますが、ご自身はどういう意識で戦ってますか?

 

(栗林)最後シーズン終わった時に取れたらいいなと思ってるので、新人王を目標にしてるのではなくてチームの勝利を目標にしてこれからもやっていきたいなと思います。

 

今日がこの横浜スタジアムが最後ということでファンに挨拶をしていましたが、今日もたくさんのファンの皆さん、そしてテレビをご覧の皆さんもラジオお聴きの皆さんもいると思います。ファンの皆さんにこの後の活躍お願いします。ファンの皆さんに一言お願いします。

 

(栗林)本日はたくさんお集まりいただきありがとうございました。このオリンピック開催された横浜スタジアムでタイ記録と更新をすることができて本当に思い出になる1日になったので、残りのシーズンもチームの勝利のために頑張っていきたいと思います。応援よろしくお願いします。

 

ありがとうございました。栗林投手でした。

 

(栗林)ありがとうございました。