ヒーローインタビュー速報【セリーグ/全試合 全文掲載中】

プロ野球 セリーグのヒーローインタビューを速報でお伝えします

2021年9月13日 中日・小笠原投手 ヒーローインタビュー【全文】

【試合結果:  中日 1-0 ヤクルト】 

小笠原「たまには自分が野手を助けてあげないとまたロッカーで色々言われると思うので、抑えられて良かったです」

 

放送席、放送席、そしてドームのドラゴンズファンの皆さん、お待たせ致しました。今日のヒーローインタビュー、チーム4連勝、1−0完封勝利の立役者、小笠原慎之介投手です。

 

(小笠原)ありがとうございます。

 

7回まで一人でスコアボードに0を並べました。そしてこのお立ち台、今どんな思いでしょう?

 

(小笠原)隣にもう一人いて欲しかったんですけど、なんとか今日は一人で頑張ります。

 

今日はお立ち台を独り占めしていただきたいと思いますが。さあ今日のゲームですが、いきなり立ち上がりはピンチがありましたけども、ライトの加藤選手のファインプレー、どうご覧になりました?

 

(小笠原)ライトの加藤さんのファインプレーで何とか自分のピッチングができましたし、なんとか0で抑えられたので良かったと思います。

 

その流れの中で1回の裏には先制点も入りました。あのシーンはいかがでした?

 

(小笠原)そうですね、チーム一丸となって1点取れたので本当に良かったと思います。

 

そしてご自身のピッチング、ヤクルトの石川投手との非常に痺れる投げ合いでした。どんなところが良かったんでしょうか?

 

(小笠原)自分のピッチができたのが一番の良かった所だと思うんですけど、スワローズの石川さんこれまですごい成績残されてきて、負けてられないっていう僕の自分の気持ちもあったので、なんとかその気持ちも出せて良かったと思います。

 

1−0のまま試合が続きまして、最後となった7回ですよね、ピンチで2者連続三振。ガッツポーズも出ました。どんな思いだったんでしょうか?

 

(小笠原)とにかく野手にいつも助けてもらってばっかりだったので、たまには自分が野手を助けてあげないとまたロッカーで色々言われると思うので、抑えられて良かったです。

 

これで後半に入りましての初めての白星となりましたが、なかなか白星がつかなかったこの間というのはどんな思いだったんでしょう?

 

(小笠原)とにかく自分のピッチングを、という気持ちでいつもマウンド立ってました。

 

これでご自身も7勝7敗、星が5分になりましたね。この後大事になってきそうですね。

 

(小笠原)はい、そうですね。

 

この先もちろん二桁というのも見据えてると思いますし、今日の時点での規定投球回というのもクリアになりましたよね。この辺りどうですか?

 

(小笠原)先々週狙えるものは全部狙うって言ったんで、しっかり狙って自分の手で掴めるようにやっていきたいと思います。

 

次回の登板ということになりますと、おそらくチームのまた連戦中の中ということになって大事なマウンドになると思いますが、次回に向けての意気込みをお願いします。

 

(小笠原)はい、また自分のピッチングできるように、長いイニング投げてリリーフの先輩たちを休めさせられるように頑張りたいと思います。

 

ありがとうございました。今日のヒーローインタビューは今シーズン7勝目マークしました小笠原投手でした。放送席、どうぞ。