ヒーローインタビュー速報【セリーグ/全試合 全文掲載中】

プロ野球 セリーグのヒーローインタビューを速報でお伝えします

2021年9月3日 阪神・大山選手 中野選手 ヒーローインタビュー【全文】

【試合結果:  阪神 7-3 巨人】 

大山「初球から打つのが自分の持ち味だと思っているので、しっかり思い切って行きました」

中野「あの打席はフォアボール狙いという弱い気持ちではなく、なんとかヒットで返そうという気持ちを持って打席に入った」

 

放送席、放送席、巨人に逆転勝利の阪神、打のヒーローお二人にお立ち台に上がってもらいました。ではまず巨人に勝ってのこの本拠地甲子園球場でのお立ち台の気持ちをお二人に一言ずつお伺いしましょうか。両者ともに3打点です。まず大山さん、本拠地甲子園のお立ち台、気分はいかがですか?

 

(大山)勝って良かったです。

 

中野さん、改めてぐるっと阪神ファンの方が埋め尽くしておりますけども、本拠地甲子園のこのお立ち台の感想いかがですか?

 

(中野)本当に皆さんが温かいご声援してくれたおかげだと思うので、とても最高の気持ちです。

 

ではまず、このまま中野さんからお話を伺って参りますが、7回3対3の同点の場面、2アウト満塁フルカウント、何を待ってましたか?

 

(中野)そうですね、あの打席はずっとスライダーを待ってたので、真っ直ぐで簡単に追い込まれてしまって、なんとか強い気持ちで打つことができたので良かったです。

 

今ちょうどバックスクリーンにもそのシーンが映し出されましたけれども、中野さん、打ち方としてはかなり高めの球をうまく上からそんな印象を受けましたけども、いかがだったんですか?

 

(中野)そうですね、あの打席はフォアボール狙いという弱い気持ちではなく、なんとかヒットで返そうという気持ちを持って打席に入ったので、その結果がいい当たりではなかったんですけど、タイムリーになってよかったかなと思います。

 

とは言いますが中野さん、あとひと伸びでホームランというところまで距離は出てますよね。

 

(中野)そうですね、自分の中でもあそこまで飛んでるとは思ってなかったので、皆さんの声援のおかげであそこまで飛んだかなと思います。

 

そして中野さん、打ったピッチャーが左封じの大江、3度目の対戦で初ヒットが大仕事になりましたね。

 

(中野)そうですね、なかなか左バッターにとっては打ちにくいピッチャーであると思うんですけど、3打席目でようやく捉えることができてよかったのかなと思います。

 

勝利につながったのもやはり打線の力もありますが、そこまで粘り強く投げた投手陣の力も大きいですね。

 

(中野)そうですね、西さんが投げた時になかなか援護点を取ることができなかったので、何としてもピッチャーのためにも打ってやろうという気持ちを持って打席に入りました。

 

そしてそこまで打線の流れ突破口を開いたのはお隣大山さんです。大山さん、まずは6回の初ヒットそこまでパーフェクトを続けていた相手戸郷からの初安打となりました。あのヒット振り返ってください。

 

(大山)追い込まれていたんですけど、しっかりうまく打つ事ができたので、その後に糸井さんが打ってくれたので、なんとか点数に繋がることができてよかったです。

 

そして7回ですが、1アウト満塁で初球でしたね。

 

(大山)はい。

 

おとといは死ぬ気でという表現がありましたが、今日はどんな気持ちでしたか?

 

(大山)打つだけと思っていたので、初球から打つのが自分の持ち味だと思っているので、しっかり思い切って行きました。

 

その前にチャンスメイクしてくれたマルテそれからロハス、喜んでいた姿がとても印象的でした。そんな姿は目に映りましたか?

 

(大山)そうですね、その二人だけじゃなくて本当ベンチのみんな、ファンの皆さんが喜んでる姿見えたので良かったです。

 

そして8回は外いっぱいボールうまくセンターに運びましたね。

 

(大山)やっぱり何があるかわからないので一点でも多くというところでやってるので、もう一点取れて良かったなと思います。

 

大山さん、3連戦の初戦を取りまして巨人との対戦成績がこれで8勝8敗のまず五分に戻しました。この辺りいかがですか?

 

(大山)1試合1試合全員で戦うだけだと思うので、また一丸となって戦っていきます。

 

そして中野さん、最後に明日も明後日も巨人戦待っています。ファンの皆さんに向けて一言お願いします。

 

(中野)いつも温かいご支援ありがとうございます。明日からも厳しい戦いが続くと思うんですけど、皆さんの応援が力になります。これからも応援よろしくお願いします。

 

ありがとうございます。打のヒーローお二人大山さんそして中野さんにお話伺いました。 放送席、どうぞ。