ヒーローインタビュー速報【セリーグ/全試合 全文掲載中】

プロ野球 セリーグのヒーローインタビューを速報でお伝えします

2021年8月28日 広島・林選手 ヒーローインタビュー【全文】

【試合結果:  広島 7-6 阪神】 

林「最近全然打ってなかったんで、しっかりランナーを返せるようにっていうバッティングをしました」

 

放送席、放送席、そしてマツダスタジアムにお越しのカープファンの皆様、お待たせしましたヒーローインタビューです。今日は打のヒーローに登場していただきます。ゲーム中盤貴重な2ランホームラン林晃汰選手です。

まずは林選手、ナイスバッテイングでした。

 

(林)ありがとうございます。

 

今日の試合は取って取られてという展開で結果的には7−6、まずはこの接戦勝ち切った今の気持ちいかがでしょうか?

 

(林)すごく嬉しいです。ありがとうございます。

 

5対4とカープのリードわずか1点という中で、6回菊池選手がフォアボールで出塁して打席に向かいました。どんな思いで立った打席だったでしょう?

 

(林)そうですね、最近全然打ってなかったんで、しっかりランナーを返せるようにっていうバッティングをしました。

 

その気持ちが最高の結果になったと思いますが、その右中間への打球でした。打った瞬間の手応え、入った時の気持ち聞かせてください。

 

(林)打った瞬間は行ったかな、とそのまま行ってくれてよかったです。

 

本人的にも手応え十分という当たりだったんですか?

 

(林)はい、そうです。

 

先ほど、このところ思うような打撃が、というお話もありましたが、今日はレフト前ヒットも打ってそれからホームランも出ました。良いきっかけになりそうですね。

 

(林)そうですね、明日からしっかり打てるように頑張っていきます。

 

今日の6号ホームランが11試合ぶりホームランになったんですが、このちょっと悩みもある期間というのはどんなことを主に練習で取り組んできたんでしょうか?

 

(林)そうですね、しっかり初球から振るっていうのは忘れずに、そこだけは忘れずにやっていこうと思ってました。

 

夏の甲子園では母校の智弁和歌山が決勝に進出しましたけれども、先輩としていい姿見せられましたね。

 

(林)そうですね、今日のお昼ぐらいに決まって自分も負けてられないなと思って必死で頑張りました。

 

せっかくなのでここでのインタビューが母校に伝わるかもしれません。メッセージがあればお願いします。

 

(林)そうですね、智弁対決なのでしっかり和歌山が勝って、僕も勢いに乗って後半戦も頑張っていきます。

 

最後になりますがこれでチームは3連勝、後半に入って初めてカード勝ち越しとなりました。ここからの戦いメッセージお願いします。

 

(林)本当に色々な人に支えてもらって自分は野球ができてるんで、頑張ってこれからもやっていきたいと思います。

 

ありがとうございました。ゲーム中盤貴重な2ランホームランでした。林晃汰選手でした。ありがとうございます。

 

(林)ありがとうございました。