ヒーローインタビュー速報【セリーグ/全試合 全文掲載中】

プロ野球 セリーグのヒーローインタビューを速報でお伝えします

2021年8月27日 広島・大瀬良投手 石原選手 ヒーローインタビュー【全文】

【試合結果:  広島 6-4 阪神】 

大瀬良「貴規が打席に入った時、やってくれるなと思ってたんで信じてたんで、ホームランを打ってくれて本当にありがたかったです」

石原「広島のファンの皆様の前で打てるというのは、すごく嬉しかったですし良かったと思います」

 

放送席、放送席、そしてカープファンの皆さん、ヒーローインタビューです。今日のヒーローは粘りのピッチングで6勝目大瀬良大地投手、そしてマツダスタジアム初ホームラン石原貴規選手のお二人です。それではまずは6回2失点で6勝目大瀬良投手からお話を伺います。ナイスピッチングでした。

 

(大瀬良)ありがとうございます。

 

自身3連勝中という中での日のマウンドでした。首位タイガース打線相手でしたがどんな気持ち意識でマウンドに上がりましたか?

 

(大瀬良)僕が投げる時は勝つんだとそういう思いでマウンドに上がりました。

 

まさにその力強い言葉がにじみ出るような要所要所を締めるそんなピッチングだったと思います。ご自身で振り返っていかがですか?

 

(大瀬良)先制点を取られてしまったんですけど、粘り強く頑張っていれば野手のみんなが打ってくれると思って、たくさんピンチありましたけど守ってもらいながらなんとかゲームを作れたと思います。

 

その粘り強いピッチングの中で特に3回と5回、ピンチで4番の大山選手を迎えてしっかりと抑えた。気持ちが出ていた場面だったと思います。いかがですか?

 

(大瀬良)タイガースの4番ですし、ここを切れば流れがくると思って全力投球で勝負しました。

 

前半戦コンディションの面で苦しい思いもされたと思います。後半に入ってからナイスピッチング続いています。ご自身でいかがですか?

 

(大瀬良)その気持ちだけで後半戦はとにかくチームの力になりたいと思って日々過ごしてますので、こういうピッチングがどんどん続いていくように、毎試合できるように責任をもってしっかり調整していきたいと思います。

 

そして今日のゲームは大瀬良投手粘り強く投げる中で、ここぞというところで打線の得点そして8回には今隣にいらっしゃいます石原選手のホームランもあったわけですが、どんな気持ちでご覧になってましたか?

 

(大瀬良)貴規が打席に入った時、やってくれるなと思ってたんで信じてたんで、ホームランを打ってくれて本当にありがたかったです。

 

それではエースからやってくれるなと思いを託されて打席に向かった石原貴規選手にお話を伺いたいと思います。 ナイスバッティングでした。

 

(石原)ありがとうございます。

 

マツダスタジアム初のホームラン、そしてお立ち台ということですが、早速ですがあの一発どんな感触だったか教えていただいてもいいですか?

 

(石原)すごくいい感触で振り抜けたので入ってくれと思いました。

 

打った瞬間というそんな当たりになったと思います。リードしながらも本当にどちらに流れが行くか終盤でも分からないようなそんなところでの代打起用だったと思います。どんな気持ちで打席に向かったんですか?

 

(石原)点差も詰まってましたし、絶対先頭なんで何が何でも塁に出るということだけ頭に入れて入りました。

 

プロ初アーチは東京ドームで打っていたわけですが、今日は本拠地でのプロ1号。気持ちはやっぱり違いますか?

 

(石原)広島のファンの皆様の前で打てるというのは、すごく嬉しかったですし良かったと思います。

 

ここを皮切りにどんどん積み重ねていって欲しい、そんな思いでいるわけですが、改めてですね、マツダスタジアムで初めてのお立ち台ということでぜひ熱いカープファンへメッセージをお願いします。

 

(石原)2年目の石原です。なんとか少ないチャンスかもしれないですけど、ピッチャーを助けるように、チームを勝たせるように活躍していきたいと思います。応援よろしくお願いします。

 

ありがとうございます。それでは最後はエースに締めて頂きましょう。後半戦 意気込みを是非お願いします。

 

(大瀬良)僕たちは1戦1戦勝っていくしかないので、また明日勝てるようにファンの皆さんの声援を力にして頑張りたいと思います。これからもご声援よろしくお願いします。

 

ありがとうございました。今日のヒーロー6勝目大瀬良大地投手そしてマツダスタジアムでの初アーチ石原貴規選手でした。ありがとうございました。