ヒーローインタビュー速報【セリーグ/全試合 全文掲載中】

プロ野球 セリーグのヒーローインタビューを速報でお伝えします

2021年8月25日 巨人・岡本選手 ヒーローインタビュー【全文】

【試合結果:  巨人 5-3 広島】 

岡本「丸さんが打ったんで、ちょっと初球どさくさに紛れて打ったろうかなみたいな」

 

放送席、放送席、そして場内のジャイアンツファンの皆さん、今日のヒーローは岡本選手です。わっしょいわっしょいの掛け声の中の登場となりました。ナイスバッティングでした。

 

(岡本)ありがとうございます。

 

今日は勝ち越し2ランホームランを含みます3安打3打点の活躍でした。まずは岡本さん、第二打席タイムリーヒットががありました。2ストライクと追い込まれてから右方向へのバッティング、どんな打席だったんでしょうか?

 

(岡本)追い込まれてたんで何とか次のバッターに良い形で繋げるように食らいついて行こうと思ってました。

 

非常に力感なく軽くボールを捉えてという感じに見えたんですが。

 

(岡本)なんとか抜けてくれて、勇人さんもホームまでかえってくれたんで、はい、感謝してます。

 

それからなんといっても8回には勝ち越しの2ランホームラン。初球でしたね。

 

(岡本)そうですね、丸さんが打ったんで、ちょっと初球どさくさに紛れて打ったろうかなみたいな。

 

ずばりあの場面、狙っていたんですか?

 

(岡本)いや狙ってはなかったんですけども、とにかく初球からガンガン振っていこうと思ってたんで、その結果がホームランになってくれて良かったなと思います。

 

岡本さんは今シーズン30号を放った時にも勝ちにつながるホームランを打ちたいと、そうおっしゃってましたね。

 

(岡本)もっと打てるように頑張ります。

 

まさにそのもっと打てるようにというお話ありましたけれども、その一方でやはりホームランというのは一本でも多く打ちたいとこのようにもおっしゃっていました。これで31号いう数字になりました。この数字に関してはいかがですか?

 

(岡本)いやもうそこまで数字は意識してないので、1試合1試合チームに貢献できるように頑張っていきます。

 

岡本さん、ジャイアンツファンの皆さんは果たして今シーズンホームランと打点の数はどこまで行くんだろうと思ってらっしゃる方がたくさんいると思います。毎年キャンプでは30号30本という数宇を口にされてますけども、31本打ちました。どうでしょうか、ちょっと目標の修正というのはしますか?

 

(岡本)あまり過度な期待は持たないでください 。

 

ただ2018年は33本そして打点は100打点、これがキャリアハイ、これの更新がもう見えてきてると言っていいと思うんですが、いかがでしょう?

 

(岡本)結果的に超えられれば嬉しいですし、でもあんまり意識することなく1打席1打席大事にしたいなと思います。

 

改めて今日の試合でいいますと、リリーフ陣が本当に踏ん張って追加点を与えず迎えた終盤で4番としても思うところあったんじゃないでしょうか?

 

(岡本)そうですね、やっぱりいつも頑張ってもらってますし、野手も何とかしようと思ってやってるんでその中で打てて良かったなと思います。

 

岡本さんも神輿を担ぐポーズというのがすっかい定着してきてると思う思いますが、チームとしても岡本さんが担ぐ神輿、非常に心強いと思うんですが、いかがでしょう?

 

(岡本)初めてやったらどうやってやるんかなみたいな難しかったです。あれは僕はやらないように、はい。他の人が打った時にやる係にします。自分が打った時はやりません。

 

ただファンの皆さん、神輿を担ぐポーズこれからどんどん見たいですよね?

 

(ファンから拍手

 

是非これからもたくさんファンにその神輿のポーズ見せていただけますでしょうか?

 

(岡本)練習しときます。

 

今日のヒーロー岡本選手でした。