ヒーローインタビュー速報【セリーグ/全試合 全文掲載中】

プロ野球 セリーグのヒーローインタビューを速報でお伝えします

2021年8月17日 中日・渡辺選手 福谷投手 ヒーローインタビュー【全文】

【試合結果:  中日 3-0 広島】 

渡辺「ホームランボール返していただいたので、あとで拾ったお客さんにお礼をしたいと思います」

福谷「いざ投げてる時は相手が森下くんとか関係ないので一人一人バッターに集中して投げた結果だと思います」

 

 

放送席、放送席、そしてバンテリンドームナゴヤにお越しのドラゴンズファンの皆さん、連敗を止めました。投打のヒーローにお話を伺います。先制タイムリーにプロ初ホームラン、渡辺勝選手。そして5勝目を挙げました福谷浩司投手です。

さぁまず渡辺さんに伺いましょうか。今どんなお気持ちでしょうか?

 

(渡辺)こんなふうにここに立てると思ってなかったので、本当にうれしい気持ちです。

 

今日は今シーズン初めてのスタメン起用、期するところあったんではないかと思うんですが、どんな思いで試合に臨んだんでしょう?

 

(渡辺)去年一昨年といろいろ経験させてもらって、この舞台でどういう風に活躍できるか考えていたので、この今季初のスタメンがすごく大事だと思ったので思い切っていきました。

 

そして3回2打席目、2アウトから作ったチャンスでした。追い込まれてましたがあそこはどんな思いで森下投手に立ち向かって行ったんでしょう?

 

(渡辺)2アウトから京田が出てくれたので、そこから盗塁してチャンスになったので早いうちに先制したかったので、どんな球でも食らいついてやろうと思って打席に立ってました。

 

打った球はスライダーだそうですが、まさに食らいつく良いバッティングでしたね。

 

(渡辺)そうですね、ありがとうございます。

 

そして何と言っても8回に飛び出したプロ初ホームラン。手応えはどうでしたか?

 

(渡辺)ナゴヤドームは広いので入るか分からなかったですけど、無事入ってよかったと思います。

 

ただあの放物線美しいホームランバッターの放物線にも見えましたよ。

 

(渡辺)いえ、僕はアベレージヒッターです。

 

先程もらっていたボールはホームランボールだったですか?

 

(渡辺)ホームランボール返していただいたので、あとで拾ったお客さんにお礼をしたいと思います。

 

拾ったお客様、だそうです。この中断後の後半戦からの1軍復帰、非常に苦しい特に前半ナゴヤ球場での日々が続いたと思いますが、どんな思いでこのシーズンの序盤過ごしてきたんでしょう?

 

(渡辺)前半戦はずっとファームでやってたので僕自身苦しかったですし、チーム自体も苦しかったと思うので僕が起爆剤になってどんどんこれから勝ちを積み重ねていきたいと思います。

 

そのナゴヤ球場2軍では木下雄介さんと一緒に汗を流していたかと思います。ようやく白星を贈ることができたと思いますが。

 

(渡辺)そうですね、木下はいろいろと共通点があって育成あがりですし同級生ですし、いろいろ共通するような仲間だったんですけど、見てくれてたと思うのでうれしい勝利だったと思います。

 

ファンのためにもそして木下さんのためにもここからの残り試合頑張ってください。

 

(渡辺)ありがとうございます。

 

まずは渡辺勝選手に伺いました。続きまして5勝目をマーク、連敗ストッパーとなりました福谷投手に伺います。ナイスピッチングでした。

 

(福谷)ありがとうございました。

 

チームも状態が悪い中でしたので、期するところのあるマウンドだったと思いますが、どんな思いで今日マウンドに上がったんでしょう?

 

(福谷)そうですね、エキシビジョンマッチでいい調子にしていたので、そのまま行けたらなと思ってマウンド上がりました。

 

直接対戦するわけではありませんが、相手が森下投手、オリンピックでも良いピッチング続いていて周りはそのあたりにも注目したと思いますが、その辺の意識はどうだったでしょうか?

 

(福谷)テレビでずっと見てましたし、投げ合えることを本当に幸せに感じてマウンド上がってました。

 

本当に痺れる投手戦になりました。どんな思いでこの投げあいをしてたんでしょうか?

 

(福谷)いざ投げてる時は相手が森下くんとか関係ないので一人一人バッターに集中して投げた結果だと思います。

 

そのエキシビジョンマッチも含めて1ヶ月間の中断、福谷さんはどんなことを考えどんなことを修正して今日に臨んだんでしょう?

 

(福谷)前半戦終わったときに、シーズン終わったぐらいのつもりでゼロからじゃないですけど、しっかり体作り直してきてたので、それがいい形につながって良かったです。

 

ということは福谷さんにとっては、ここから新しいシーズンが始まるそんな感じの今日は5勝目だったんでしょうか?

 

(福谷)今日が1試合目のつもりで投げてましたし、これから最後までいい状態で突っ走ればいいかなと思います。

 

今日もベンチにもそしてブルペンにも背番号98が掲げられていたと思います。福谷さんも同じピッチャーとしての木下雄介さんへの白星を贈れたということはどう思いますか?

 

(福谷)すみません、ちょっとそのあたりはコメント止めておきます。

 

分かりました。じゃあ新たなスタートのこの中断後の後半戦、福谷さんまだ5勝ですけど9つ負けている借金ご自身で抱えている分も返済していきたいですね。

 

(福谷)目の前の1試合を集中してやることやるだけだと思っているので、次の試合も良いピッチングできるようにしっかり調整したいと思います。

 

次のピッチングも期待しています。

 

(福谷)ありがとうございます。

 

投打のヒーロー、福谷投手そして渡辺勝選手に伺いました。