ヒーローインタビュー速報【セリーグ/全試合 全文掲載中】

プロ野球 セリーグのヒーローインタビューを速報でお伝えします

2021年7月8日 広島・林選手 長野投手 ヒーローインタビュー【全文】

【試合結果:  広島 5-3 DeNA】 

林「もっとホームラン打てるように頑張ります」

長野「たまには仕事してないとファンの皆さんにヤジられるんで、今日は良かったと思います」

 

放送席、放送席、そしてスタジアムにお集まりのカープファンの皆さん、ヒーローインタビューです。今日は打のヒーロー、見事なアーチを掛けたお二人に登場していただきましょう。林晃汰選手、長野久義選手です。

見事な当たり披露していただいたお二人にお越しいただきました。まずは林選手、ナイスバッティングでした。

 

(林)ありがとうございます。

 

2回の裏、3点を先制された場面、見事なホームランでしたがあの打席どのような気持ちで打席に入ったんですか?

 

(林)そうですね、しっかり自分のスイングをできるように打席に立ちました。

 

その結果見事な当たりがセンターへ飛んでいきました。打った瞬間はいかがだったでしょう?

 

(林)入ってくれって思って、ずっと見てました。

 

その打球がスタンドに届いてベースを一周、見事な追いかける2点となりました。この2点というのはチームにとっても大きかったと思いますが、林選手にとってはいかがだったでしょうか?

 

(林)そうですね、3点負けててあのホームランで1点差になったんで、しっかりここから逆転しようっていう気持ちになりました。

 

今シーズンプロ初ホームラン目標に掲げていたホームランから今日で4本目です。ここまでの活躍ご自身でいかがですか?

 

(林)もっとホームラン打てるように頑張ります。

 

そして9回には全力疾走もありましたね。あの打席どんな気持ちで走っていましたか?

 

(林)先頭だったんで後ろに繋げれるように絶対出る気持ちでいきました。

 

その直後、お隣にいらっしゃる長野選手のホームラン飛び出しましたが、ベンチで見ていていかがでしたか?

 

(林)入れ、と思って。すごいなと思って見てました。

 

さぁ長野選手、その1発放ちましたがあの打席どんな気持ちで入っていましたか?

 

(長野)そうですね、横にいる林君がチャンスメイクしてくれて、なんとかセカンドランナー返したいという気持ちで打席に入ったんですけど、僕も入ってくれ、と思って走ってました。

 

長野選手も同じように願いを込めた打球だったんですね。

 

(長野)そうですね、頭の上を越したかなと思ったんですけど、とにかく入ってくれ、と思って走ってました。

 

156キロのストレートを打ち砕く一発となりました。沸いたのは球場、そしてベンチも大喜びでしたがそのベンチの皆さん見て長野選手いかがでしたか?

 

(長野)こうしてファンの皆さんも喜んでくれますし、ベンチのチームメイトも喜んでくれるんでね、たまには仕事してないとファンの皆さんにヤジられるんで、今日は良かったと思います。

 

林選手はじめ、今シーズンも若いメンバー出てきていますけれども、今年のチーム長野選手どのようにご覧になっていますか?

 

(長野)若い選手すごい頑張ってるんでね、僕たちも負けないように、と思ってますけど、すごいすね。なかなかみんな勢いがあるんで頼もしいです。

 

林選手、頼もしいと一言ありましたけれどもいかがですか?

 

(林)そうですね、しっかり負けないようにこれからも頑張っていきます。

 

それでは夏に向かってきて暑い中9連戦続いていきます。最後に一言ずつ頂きたいと思います。まずは林選手、明日以降に向けて一言お願い致します。

 

(林)しっかり連勝できるように頑張っていきます。応援よろしくお願いします。

 

では最後に長野選手ファンの皆さんへ向けてメッセージをお願いします。

 

(長野)借金がまだまだありますけど、皆で一つずつ減らしていって、いい戦いをしたいと思います。

 

ありがとうございました。ナイスバッティングでした。林晃汰選手そして長野久義選手でした。今一度大きな拍手をお願い致します。