ヒーローインタビュー速報【セリーグ/全試合 全文掲載中】

プロ野球 セリーグのヒーローインタビューを速報でお伝えします

2021年6月30日 広島・九里投手 ヒーローインタビュー【全文】

【試合結果:  広島 1-0 巨人】 

九里「1軍に戻ってきて2試合不甲斐ないピッチングをしてたので、どうにかチームが勝てるようなピッチングをと思って今日マウンドに上がった」

 

放送席、放送席、そして場内のカープファンの皆さん、今日のヒーロー チームトップの6勝目九里投手です。ナイスピッチングでした。

 

(九里)ありがとうございます。

 

まず今日の展開は見事な見応えある投手戦だったと思いますが、どんなマウンドでしたか?

 

(九里)そうですね、先に点をやらない、その気持ちだけを持って投げてました。

 

そんな中で相手ピッチャーもなかなかヒットを打たれないという展開の中、野間選手の貴重な値千金のホームラン、どんな風に見ていましたか?

 

(九里)本当に凄かったですし、すごい嬉しかったです、はい。

 

そしてご自身は8回途中まで投げて、後はもう託すということになりました。最後は9回はどんな思いでベンチで見守ってましたか?

 

(九里)抑えてくれると思ってたので安心して見てました、はい。

 

今シーズンは5勝を挙げてこれからチームを引っ張っていくというところで1軍を離れなければいけないという時期もありました。戻ってきて、さぁこの1勝が非常に大きな1勝になったと思います。いかがでしょうか?

 

(九里)そうですね、1軍に戻ってきて2試合不甲斐ないピッチングをしてたので、どうにかチームが勝てるようなピッチングをと思って今日マウンドに上がったので、勝てて良かったと思います。

 

チームとしてもこれから前半戦に向けてどういった形で締めくくるかこれからが非常に大事になってくると思います。明日以降に向けてご自身のピッチングそしてチームを代表してファンにメッセージ頂けますか?

 

(九里)そうですね、1試合1試合勝ってくだけと思うので、1試合1試合勝てるように頑張るので、変わらず熱い声援よろしくお願いします。今日はありがとうございました。

 

見事なピッチング九里投手でした。放送席、どうぞ。