ヒーローインタビュー速報【セリーグ/全試合 全文掲載中】

プロ野球 セリーグのヒーローインタビューを速報でお伝えします

2021年6月15日 広島・林選手 宇草選手 ヒーローインタビュー【全文】

【試合結果:  広島 5-3 西武】 

林「いやもう最高っす、この人」

宇草「レフトフライかなと思ったんですけど、入ってくれてよかったです」

 

放送席、放送席、そしてマツダスタジアムにお集まりのカープファンの皆さんヒーローインタビューです。今日のヒーローは決勝点を生み出しました若鯉二人、林晃汰選手、宇草孔基選手です。まずは林晃汰選手です。ナイスバッティングでした。

 

(林)ありがとうございます。

 

連敗ストップへ自身のバッティングで大きく貢献しました。今勝利を収めてどんなお気持ちですか?

 

(林)すごく嬉しいです。

 

林選手は今日3安打猛打賞という中で8回ですね、2アウトからご自身のバッティングで塁に出ましたが、あの2アウトからの打席どんな思いで打席に立ったんですか?

 

(林)絶対にウグさんに回そうと思って打席に立ちました。

 

まさにそれが決勝点につながったということになりますが、今日ご自身のバッティングの調子というのは良かったんですか、どうですか?

 

(林)そうですね、しっかり塁に出れたんで良かったと思います。

 

そしてその後代走が送られましてベンチで見ていましたけども、宇草選手が打席に立ってどんな思いで見ていました?

 

(林)絶対打つと思って見ました。

 

その思いが実りましてホームランになりましたが、その時の思いどうでした?

 

(林)いやもう最高っす、この人。

 

それではその植草選手にも伺いたいと思います。決勝ホームラン、ナイスバッティングでした。

 

(宇草)ありがとうございます。

 

今林選手から宇草選手に絶対に回すというお話がありましたが、あの打席はどんな思いで打席に立ったんでしょうか?

 

(宇草)なんとか次つなげるように必死に食らいついていきました。

 

1ボール2ストライクからのストレートだったと思いますけれども、あそこ打席の狙いはどうだったんですか?

 

(宇草)なんとか食らいついて、とにかく一球でも多く投げさせて、なんとか食らいついて行こうと思いました。

 

その食らいついた結果がホームランになりましたが、あの打球はどう見ていましたか?

 

(宇草)レフトフライかなと思ったんですけど、入ってくれてよかったです。

 

現在チームは連敗中という中でもありましたけども、その中でもあの8回同点でのホームランでした。ご自身でも格別な思いがあったんじゃないでしょうか?

 

(宇草)毎日何とか一軍に食らいついてやると悔いなくやってるので、なんとかホームランで良かったと思います。

 

そして宇草選手の思いもあると思いますが、チームとしても8回満塁のピンチを全員で抑えての8回の打席になりましたけども、チーム全員の思いも背負ってあの打席に立ったんでしょうか?

 

(宇草)そうですね、はい、チーム一丸となって絶対勝つぞと毎日やってるので、はい、やっと勝ててよかったです。

 

これでチームとしても連敗を止めてまた明日からの試合ということになると思います。カープファンの皆さんも今日の勝利を待っていました。明日以降に向けてまずは宇草選手から一言お願いします。

 

(宇草)毎日みんなで絶対勝つという気持ちでやってるので、これからも応援よろしくお願いします。

 

ありがとうございます。そして林選手、このお立ち台というのはこれまでありますか?

 

(林)ないです。

 

今シーズン大活躍という中でこのマツダスタジアムカープファンの前で立つお立ち台の景色はどうですか?

 

(林)ずっと2軍の時からウグさんと絶対二人でお立ち台立とうって言ってたんでそれが叶ってよかったです。

 

改めて林選手は宇草選手は大好きな先輩なんですね。

 

(林)はい、大好きです。

 

その今シーズン大活躍の林選手の活躍もありましてチームは久しぶり6月2日以来およそ2週間ぶりの勝利ということになりました。カープファンはこれからカープの巻き返しを期待してると思います。これからに向けてカープファンに向けて一言お願いします。

 

(林)しっかり明日も勝てるように頑張ります。応援よろしくお願いします。

 

これからも期待しています。今日のヒーロー林選手宇草選手でした。