ヒーローインタビュー速報【セリーグ/全試合 全文掲載中】

プロ野球 セリーグのヒーローインタビューを速報でお伝えします

2021年6月8日 阪神・原口選手 ヒーローインタビュー【全文】

【試合結果:  阪神 3-2 日本ハム】 

原口「最高の場面でゲームに出させていただいて、もちろん緊張はあったんですが思い切って行こうと思ってました」

 

放送席、放送席、そして野球中継をお楽しみの皆さん、また札幌ドームにご来場の皆さんヒーローインタビューです。9回2アウトからの決勝打、原口文仁選手です。おめでとうございます。

 

(原口)ありがとうございます。

 

4時間越えの大熱戦を制しました。まず素直な今の気持ちを聞かせてください。

 

(原口)チームが勝つことが本当に一番嬉しいですね。

 

9回2アウトランナー2塁、最高に痺れる状況だった思うんですが改めて代打を告げられた時どんな思いがまずありましたか?

 

(原口)そうですね、本当に最高の場面でゲームに出させていただいて、もちろん緊張はあったんですが思い切って行こうと思ってました。

 

3ボール1ストライクから最後捉えたのは変化球だったと思うんですけれども、緊張もある中ご自身が打った打球見られて越えると思われましたか?

 

(原口)そうですね、少しつまり気味だったんですけど外野も前進守備で、越えてくれと願いながら走りました。

 

越えた瞬間にはベンチからも大きな声があがっていたと思いますが、原口選手自身ベンチに戻ってからどんな声かけられましたか、みなさんから。

 

(原口)塁上でね、ベンチ見た時にみんながすごく興奮してたので、僕もつられてしまいました。

 

今日の試合は本当に苦しい展開だったと思うんですが、そういった中チームを勝利に導く一打が打てたこと、この辺りはどのように受け止めてらっしゃいますか?

 

(原口)そうですね、しっかり準備ができた中で打席に向かえることが良い結果に繋がったと思うので、これからも続けていきたいと思います。

 

原口さんご自身のことになりますけれども、ここまで代打での出場が続いています。もちろん正捕手へのこだわりというのもお持ちだと思うんですが、そういった意味でも大きな一本になるんじゃないですか?

 

(原口)そうですね、本当に今は出たところでチームために活躍する貢献するそれが今一番ですね。

 

交流戦もラストスパートです。久しぶりの連勝へ向けてチームを代表して最後に意気込みをお願いします。

 

(原口)まずカードの頭を取れたので、一つ一つ目の前を試合をチーム全員で一丸となって戦って行こうと思うので、ファンの皆さんも熱い応援よろしくお願いします。

 

ありがとうございます。今日のヒーローは9回2アウトからの決勝打、原口文仁選手でした。おめでとうございます。