ヒーローインタビュー速報【セリーグ/全試合 全文掲載中】

プロ野球 セリーグのヒーローインタビューを速報でお伝えします

2021年6月1日 DeNA・牧選手 宮崎選手 ヒーローインタビュー【全文】

【試合結果:  DeNA 4-3 ソフトバンク】 

牧「本当は入ったかなと思ったんですけどその前の打席のように届かず、でも点が入ったので良かったです」

宮崎「行ったと思ったんですけど力不足です」

 

ベイスターズファンの皆さんお待たせしました。ヒーローインタビューです。今日はお二人、牧選手宮崎先生です。まずは4安打3打点牧選手ナイスバッティングでした。

 

(牧)ありがとうございます。

 

先制の場面から伺いたいんですけども、2回2アウト一塁からタイムリー、振り返っていただけますか?

 

(牧)前のバッターの方がチャンスを作ってくれたので、ここ最近チャンスで打ててなかったので何としても一本打とうと思って打席に立ちました。

 

そして8回一点差に迫っての打席でした。一つ前のソト選手が申告敬遠で満塁となりましたけどもどんな気持ちであの場面打席へ向かいましたか?

 

(牧)前回の楽天戦の時にノーアウト満塁で打てなかったというのがあって、それを意識して今回はタッチアップでもいいぐらいの軽い気持ちで打つことができました。

 

センターへの打球がかなり滞空時間が長かかったと思うんですけども、あの時は打球を追いかけながらどんな気持ちだったんですか?

 

(牧)本当は入ったかなと思ったんですけどその前の打席のように届かず、でも点が入ったので良かったです。

 

それでも今日はツーベース2本を含む4打数4安打です。バッティングの好調のポイント教えていただけますか?

 

(牧)ここ最近は自分らしいバッティングって出来なかったんで、今日は自分らしいバッティングを貫こうと思い今日に臨みました。

 

今日から6月スタートということで6月は打率10割です。

 

(牧)ありがとうございます。

 

改めまして今日から6月がスタートそしてハマスタでの交流戦6連戦の初戦を取りました。明日に向けてお願いします。

 

(牧)まずは良いスタートが切れたと思うのでこの調子でこういう僅差の試合を勝って勝ち続けていきたいなと思います。よろしくお願いします。

 

続いて宮崎選手に伺います。8回追いかける場面でランナー一二塁においての打席でした。あの場面は一番何を意識して打席に入りましたか?

 

(宮崎)初球から積極的に行こうっていうふうに思ってました。

 

その初球から打っていきましたけども狙い球なんかあったでしょうか?

 

(宮崎)ストライク来たら思いっきり自分のスイングしようという思いで、はい。

 

打った瞬間スタンドに行ったかなと思ったんですが宮崎選手の感触としてはいかがでしたか?

 

(宮崎)行ったと思ったんですけど力不足です。

 

次はホームランも期待しております。

 

(宮崎)頑張ります。

 

宮崎選手は2年ぶりの交流戦ですが非常に交流戦打率がいいという印象があるんですけども、ご自身では何か感じられる部分はありますか?

 

(宮崎)そうですね、あまり意識はしてないですけど、どんどんどんどんストライクが来てそれに打ち負けないようにっていうのは意識はしてます。

 

そして宮崎選手、昨シーズンなんですけど6月は打率が4割5分9厘でした。今年の6月も宮崎選手のバットに期待してよろしいでしょうか?

 

(宮崎)はい。

 

ありがとうございます。それでは明日に向けてお願いします。

 

連勝できるように明日もファンの皆さんと一丸となって頑張っていきますので明日も応援よろしくお願いします。

 

それでは改めまして牧選手最後にスタンドのファンの皆さんに熱いメッセージお願いします。

 

(牧)今日も勝って明日も勝って明後日も勝って6月は勝ちゲームが多くなるような月にしたいと思うので明日からもまたよろしくお願いします。

 

今日のヒーローはお二人、牧秀悟選手宮崎敏郎選手でした。