ヒーローインタビュー速報【セリーグ/全試合 全文掲載中】

プロ野球 セリーグのヒーローインタビューを速報でお伝えします

2021年5月29日 ヤクルト・小川投手 ヒーローインタビュー【全文】

【試合結果:  ヤクルト 7-4 オリックス】 

小川「早い段階で野手が得点を取ってくれたので、楽に投げることができましたし、その中で守りに入らずにしっかり攻める意識を持って投げれたのが良かったと思います」

 

放送席、そして画面を通してご覧のスワローズファンの皆さん、今日のヒーローは今シーズン5勝目を挙げました小川泰弘投手です。おめでとうございます。

 

(小川)ありがとうございます。

 

今日は交流戦一つ目の登板ということで普段は対戦することのないチームとの戦いでしたが、どんな意識で挑みましたか?

 

(小川)昨日悔しい負け方をして、どんどん積極的に振ってくる打線だと思ってたので、その中でも自分のピッチングをしっかりストレートっていうところを使いながら攻めていくことを意識して投げました。

 

そんな思いの中で序盤から力のあるまっすぐ、キレのある変化球が光っていました。今日の投球どう振り返りましょう?

 

(小川)早い段階で野手が得点を取ってくれたので、楽に投げることができましたしその中で守りに入らずにしっかり攻める意識を持って投げれたのが良かったと思います。

 

その攻めのピッチングで3回には満塁のピンチをダブルプレー、あそこをゼロに抑えたのも大きかったんじゃないでしょうか?

 

(小川)そうですね、すごく大きかったと思いますし、ピンチでゴロでアウトに取れてるところは自分のスタイルだと思いますし、何とか流れを引き込むことができたかなと思います。

 

さらには今日は6回までで23イニング連続の無失点とここまで素晴らしい活躍が続いていますが、好調の要因というのはどんなところにあるんでしょうか?

 

(小川)自分らしいピッチングところ目指してやってますし、相手は強い打線ですけどそれに怯まずになんとか一球に全力を尽くして向かっていくというところが良い結果につながってると思います。

 

まだ交流戦も始まったばかりです。上を目指していく中で大事な試合というのも続いていきます。次へ向けての力強い意気込みそして画面を通して今日も応援したファンの皆さんへメッセージをお願いします。

 

(小川)いつも応援ありがとうございます。これからまだまだたくさんいいプレーをして皆さんに勇気や希望を与えられるようにチーム一丸となって頑張っていきます。応援よろしくお願いします。

 

おめでとうございました。今日のヒーローは小川泰弘投手でした。