ヒーローインタビュー速報【セリーグ/全試合 全文掲載中】

プロ野球 セリーグのヒーローインタビューを速報でお伝えします

2021年5月26日 巨人・高橋投手 岡本選手 高梨投手 ヒーローインタビュー【全文】

【試合結果:  巨人 5-2 楽天】 

高橋「次の試合リリーフの方に休んでもらって、1試合投げ切りたいなと思います」

岡本「優貴も頑張ってましたし、なんとかね点を取ってあげたいなと思った」

高梨「クローサーは言い過ぎなんで、皓太の負担を1/3ぐらい減らせるように残りのシーズンも頑張っていきたいと思います」

 

放送席、放送席、そしてジャイアンツファンの皆さん、今日のヒーローインタビュー、まずは見事なピッチング高橋投手です。まずはつい先ほどの場面から伺いましょう。あの8回途中でマウンドを降りました。ピンチで仲間たち抑えました。笑顔でチームメイトを迎えたあの場面、どんな心境で見つめた8回でしたか?

 

(高橋)回の途中で降りて申し訳ない気持ちと絶対抑えて欲しいっていう気持ちで見てました。

 

見事なその8回抑えてその勝ち投手の権利を手にしました。改めて今日の試合というのはどんな意識で臨んだ試合だったんでしょうか?

 

(高橋)はい、今日朝起きてから正直1日すごい不安でマウンドに上がるまですごい不安の中でマウンドに上がったんですけど、まぁ上がればもう腕を振って目の前のバッターを抑えるしかないと思って一生懸命腕を振った中、良い結果が出たかなと思います。

 

その抱えていた不安な気持ちというのは改めてどんな気持ちだったんでしょうか?

 

(高橋)ここ3試合勝ちが付かず、特にこの間の試合ではやっぱり途中で崩れてしまって負けがついてしまったんですけど、やっぱりチームに貢献したいっていう思いが先行してなかなか気持ちの空回りがしたと思うんですけど、でもそれをしっかり冷静に気持ちを新たにマウンドに上がれたかなと思います。

 

そんな高橋投手をチームメイトはもちろんですが、イニング間では宮本コーチ桑田コーチそして元木コーチも隣に来て色々声をかけるそんなシーンがありましたが、どうでしょう何かこうひとつ思い浮かべるとするとどんな言葉をかけてもらったんでしょうか?

 

(高橋)そうですね、マウンドに上がる前にいろんなコーチからいいアドバイス、切り替えていこうっていうアドバイスをいただいてこのようなピッチングができたかなと思います。

 

そして先ほど高橋投手ご自身の言葉にもありました、なかなか最近は苦しんだピッチング、最近はその6回を投げ切ることがなかなかできない難しい試合が続いた中で今日は6回を超えて7回を超えて8回途中ここまで先発投手として投げました。いかがでしょう?

 

(高橋)ここまで今日もですけどリリーフ陣にすごい助けられているので、なんとか次の試合リリーフの方に休んでもらって、1試合投げ切りたいなと思います。

 

さぁこれで高橋投手にとってもおよそ1ヶ月ぶりの勝利、これがリーグ単独トップの6勝目ということになりました。改めて次に向けての意気込み聞かせてください。

 

(高橋)次も交流戦だと思うのでパリーグのいいバッターに向かって挑戦者の気持ちで投げていきたいと思います。

 

また素晴らしいピッチング期待しています。おめでとうございます。

 

(高橋)ありがとうございます。

 

高橋投手でした。続きまして岡本選手にもお越しいただきましょう。今日は見事な逆転2ランホームラン、4番としての仕事を見せました岡本選手です。ナイスバッティングでした。あのホームランですけども初球でした、そして低めのフォークボールだったと思うんですが狙いとしてはどんな打席だったんでしょうか?

 

(岡本)ゲッツーは打たないように何とかしようかなと思ったんで、ホームランになって良かったです。

 

ただあの4回の場面ですけども直前3回終わった後ベンチ前で円陣を組んでその後何か攻撃陣が積極性てのが見えた気もしたんですが、その辺り改めてどうだったんでしょうか?

 

(岡本)たまたまじゃないすか。

 

ただ今回はパリーグを代表する則本投手ということで、4番としてはどんな心境で迎えた試合だったんでしょうか?

 

(岡本)優貴も頑張ってましたし、なんとかね点を取ってあげたいなと思ったんで。則本さんすごいいいピッチャーですけど打てて良かったなと思います。

 

岡本さんご自身にとっても最近2試合ヒットが出ないという苦しんだ2試合だったかもしれませんがこの場面で最高の場面で4番としての仕事、一振り決めたんじゃないですか?

 

(岡本)何とか1試合1試合なんとかしようと思って打席に入ってるんで、これからも頑張っていきたいなと思います。

 

改めて伺います。2年ぶりの交流戦、岡本選手としてもいろんな刺激を受けてると思います。改めて今シーズンの交流戦この後の戦いに向けても一言いただけますか?

 

(岡本)明日からも1戦1戦勝てるように頑張っていきたいなと思います。応援よろしくお願いします。

 

見事なバッティング岡本選手でした。さぁ続きまして3人目 高梨投手にもお越し頂きましょう。あのピンチの場面1アウト満塁という場面でマウンドに登りました。あの時の心境からどうぞ。

 

(高梨)高梨です!お久しぶりです! 優貴の勝ちを横浜で消してからずっと彼に勝ちが付いてなかったんで、今日は何とか最高に痺れる場面で登板があったので抑えたいなっていう気持ちで上がりました。

 

まさにリリーフピッチャーとしては腕の見せ所というそんな場面で上がりまして、これまでも何度も経験しているそういった緊迫した場面だとは思うんですが、今日はどんなマウンドでしたか、改めて。

 

(高梨)相手も古巣っていうこともありましたし、そんなこと考えてる場面でもなかったんですけど、とにかく自分にできる最善を尽くすということでしっかり腕をね振って投げることはできたかなと思います。

 

それから高梨投手ご自身としても昨年去年以上にいろんな場面での役割、こういったものが求められてるようなシーズンだと思うんですが、改めて自身の役割ついていかがでしょうか?

 

(高梨)本当に痺れる場面でたくさんここまで起用して頂いてるので、そこをまだまだ上のポジションもありますし自分としてはそこを狙うっていうことで成長できてるかなと思います。

 

改めて高梨さん、その上のポジションご自身の口から聞かせてください。

 

(高梨)クローサーは言い過ぎなんで、皓太の負担を1/3ぐらい減らせるように残りのシーズンも頑張っていきたいと思います。

 

これから交流戦そしてシーズンはまだまだ厳しい戦いが続くと思います。これからに向けて、チームを代表する立場として一言頂いてもよろしいですか?

 

(高梨)交流戦もまだ始まって2試合ですし、まだまだ先も長いですけど1試合ずつチーム全員で頑張っていきたいと思いますので引き続き熱い声援よろしくお願いします。

 

見事なリリーフピッチング見せました高梨投手でした。

 

(高梨)ありがとうございました。

 

放送席、どうぞ。