ヒーローインタビュー速報【セリーグ/全試合 全文掲載中】

プロ野球 セリーグのヒーローインタビューを速報でお伝えします

2021年5月15日 巨人・スモーク選手 野上投手 大江投手 ヒーローインタビュー【全文】

【試合結果:  巨人 5-3 阪神】 

スモーク「記念すべき2000試合目でこのように活躍できて嬉しいです」

野上「2アウト満塁でしたけど、ランナーなしの気持ちでそういった気持ちで投げました」

大江「今日こういう場面で抑えられて良かったです」

 

放送席、そして東京ドームのファンの皆さん、ヒーローインタビューです。まずは打のヒーロー、逆転3ランホームラン、スモーク選手です。あの5回のホームラン、打った瞬間そしてホームランと分かった瞬間どんな気持ちになりましたか?

 

(スモーク)その前までに得点圏にランナー置いてなかなか点入らなかったので、嬉しかったです。

 

タイガース先発伊藤将司投手からスモーク選手はヒットも打っていましたが、あのホームランの打席はどういう狙いで入ったんでしょうか?

 

(スモーク)早々に追い込まれましたけども、なんとか粘って内容のある打席にしようと思ってたんですけども、うまい具合に最後スライダー打てて良かったです。

 

このジャイアンツとタイガースの試合、85年の歴史の中で今日が通算2000試合目でした。チームが勝って、そしてスモーク選手のホームランも節目の試合の一本として記録にも記憶にも残ると思います。このホームランいかがですか?

 

(スモーク)当然、全てが初めてでそんな初めての中で記念すべき2000試合目でこのように活躍できて嬉しいです。

 

今日で日本3本目のホームランなりました。これからもホームランに大きな期待がかかると思います。この日本でどんな選手に、どんな存在としてジャイアンツでプレーしてきますか?

 

(スモーク)自分の仕事は打点を挙げることだと思ってるんで、今後もなんとか打点を挙げてチームの勝利に貢献できるように頑張ります。

 

おめでとうございました。逆転3ラン、スモーク選手でした。

 

(スモーク)アリガトウ。

 

まずは打のヒーローにお越しいただきました。では続いて今度は最後ピンチを凌いだお二人です。9回1アウトから登板した大江投手、最後締めました野上投手です。まず野上さんから伺います。最後の場面、どんな思いでマウンド上がりましたか?

 

(野上)1点はしょうがないと思って、コースをきっちりつけるように、あと大江も頑張ってくれたんで、それを無駄にしないように腕を振りました。

 

今シーズンの中でもかなりしびれる場面だったと思うんですが、どんなお気持ちでした?

 

(野上)2アウト満塁でしたけど、ランナーなしの気持ちでそういった気持ちで投げました。

 

昨日チームはこのタイガースとの3連戦初戦を落としました。非常に大事な1戦だったと思うんですが、この掴み取った1勝改めていかがですか?

 

(野上)そうですね、今勢いのあるタイガースなんでそれを止めれるように、また明日も頑張ります。

 

野上さんご自身も故障もあって昨シーズンは登板ありませんでした。今シーズン改めてどんな思いで臨んでるシーズンですか?

 

(野上)マウンド立てば楽しんで投げることだけ思って1試合1試合1球1球楽しんで野球やりたいと思います。

 

続いて大江投手に伺います。1アウト満塁で出番が回ってきました。あの場面どんな気持ちでマウンドに上がりましたか?

 

(大江)とにかく一人全力で打ち取るっていう気持ちで、はい、上がりました。

 

気持ちの面でもそして体の面でも準備はしっかりできましたか?

 

(大江)はい、準備はできてました。

 

大江投手にとっても今日の試合はこのシリーズの中でもかなり力の入るピッチングだったと思いますが、振り返っていかがですか?

 

(大江)そうですね、力んでまっすぐを外してしまうってこともあったんですけど、スライダーが決まってよかったです。

 

今日で12試合目の登板でしたけれども、今シーズンここまでのご自身のピッチング内容、そしてこの起用される場面ですね、どんな思いで今捉えていますか?

 

(大江)今まで全然活躍できなかったんですけど、今日こういう場面で抑えられて良かったです、はい。これからもしっかり抑えたいと思います。

 

タイガースとの3連戦一勝一敗でまた明日第3戦を迎えます。明日以降に向けて、では最後にお二人からまず大江投手からお願いします。

 

(大江)明日もしっかり投げたら抑えて勝ちに貢献できるように全力でやってきますので、応援よろしくお願いします。

 

では最後は野上投手からお願いします。

 

(野上)今大変な状況ですけど、野球ができる喜びをかみしめて色んなに方に感謝してまた明日から頑張っていきたいと思います。

 

おめでとうございました。最後ピンチを凌ぎました大江投手、野上投手でした。放送席、どうぞ。