ヒーローインタビュー速報【セリーグ/全試合 全文掲載中】

プロ野球 セリーグのヒーローインタビューを速報でお伝えします

2021年5月1日 DeNA・倉本選手 国吉投手 ヒーローインタビュー【全文】

【試合結果:  DeNA 10-2 ヤクルト】 

倉本「チャンスだったので初球から絶対仕留めるぞ、という気持ちで打席に入りました」

国吉「4月はホームで1勝しかできなかったので、これから5月多く勝っていけるようにしっかり頑張っていきます」

 

ベイスターズファンの皆さん、お待たせしましたヒーローインタビューです。本日のヒーローはお二人、倉本選手、国吉選手です。まずは勝ち越しタイムリー倉本選手、ナイスバッティングでした。

 

(倉本)ありがとうございます。

 

今日は6回裏2アウト満塁の場面、どんな準備をして打席に向かったんでしょうか?

 

(倉本)そうですね、チャンスだったので初球から絶対仕留めるぞ、という気持ちで打席に入りました。

 

今言ったように初球をセンターへタイムリーでしたけれども、狙い球っていうのは絞っていたんでしょうか?

 

(倉本)そうですね、昨日同じピッチャーにやられたので、絶対にやり返すという気持ちで打席に入って、速い球を待ってたんですけど、ちょうど甘いとこに来たので仕留められました。

 

1塁上ではガッツポーズと素敵な笑顔も見れましたけれども、あの時のお気持ちはいかがですか?

 

(倉本)本当にすごい嬉しかったです。

 

今シーズンからのヒーロー選手にはベイスターズの選手の背番号が入ったヒーローキャップを着用して頂いてるんですけども、今日は中断もありましたが、まさに横浜一心、ファンとチームで掴んだ1勝じゃないかと思うんですが、いかがでしょうか?

 

(倉本)なかなか苦しい状況が続いてますが、選手全員スタッフ全員ファンの皆さんも諦めてないと思うので、僕たちも前向いて頑張っていきたいと思います。

 

そしてこのタイムリーで倉本選手もさらに波に乗っていけるんじゃないかなと思いますがいかがですか?

 

(倉本)毎日しっかり準備して、出た時に100%の力を出せるように頑張ります。

 

明日の試合も楽しみにしています。

 

(倉本)ありがとうございます。

 

続いて国吉選手、ナイスピッチングでした。

 

(国吉)ありがとうございます。

 

今日はまずは3回2アウト満塁の場面での登板でした。あの場面振り返って頂けますか?

 

(国吉)コオが頑張ってたんで、引き継いだらしっかり勝ちに転がっていけるように、自分のピッチングをしようと思って心がけてマウンド上がりました。

 

そして3回をしっかりと抑えた4回だったんですけども、2アウトから雨による中断が38分間ありました。あの時の中断中というのはどんな準備をしていたんでしょうか?

 

(国吉)気持ちは切らさずにロッカー帰って色んな話しながら、雨がどのくらいで止むかとか再開すると決まってからもう1回集中し直して、上がったらしっかり一人で終わってベンチに帰るっていう気持ちで行きました。

 

その中断明けを1人目を三振で切って4回を切り抜けた後、続く5回も2三振を奪い、結果的に4者連続三振でしたがご自身のピッチングいかがでしょうか?

 

(国吉)本当に一人一人アウト取ろうと思って、その結果が三振が続いたというだけなんで、これからもそういうピッチングを続けていけたらなと思います。

 

そしてまだですね、今シーズンも声は出せないんですけども、皆さんが手拍子の応援をしてくれます。この応援は選手にも届いてますよね?

 

(国吉)もちろん届いてます。

 

これで今日から5月です。月初めの勝利ということで、ここからチームも勢いに乗っていけると思うんですが、いかがでしょうか?

 

(国吉)4月はホームで1勝しかできなかったので、これから5月多く勝っていけるようにしっかり頑張っていきます。これからも応援よろしくお願いします。

 

次のピッチングも楽しみにしています。それではですね、今日は38分間の雨の中断もありましたけども、最後までファンの方がチーム声援送ってくれました。倉本選手、最後にメッセージをお願いします。

 

(倉本)天候が悪い中、最後まで残って応援して頂き、ありがとうございます。また明日から試合続くのでまた勝ちゲームを見せられるように頑張ります。応援よろしくお願いします。

 

それでは国吉選手もお願いいたします。

 

(国吉)中断もありましたが、雨の中本当に最後までたくさんの応援ありがとうございました。5月はたくさん勝って勝ち越せるようにチーム一丸となってこれから頑張っていきますので、ファンの皆さんも応援よろしくお願いします。

 

本日のヒーローは投打のお二人、倉本寿彦選手、国吉佑樹選手でした。