ヒーローインタビュー速報

プロ野球 セリーグのヒーローインタビューを速報でお伝えします

2021年4月22日 中日・福谷投手 ヒーローインタビュー【全文】

【試合結果:  中日 1-0 DeNA】 

福谷「まさかでしたね。ああいう点の入り方はちょっと想像してなかったんですけど、本当に高松足早いですね」

 

 

横浜スタジアムのそして全国のドラゴンズファンの皆様、今日のヒーローは今シーズン初勝利、福谷投手です。おめでとうございます。

 

(福谷)ありがとうございます。

 

ナイスピッチングでした。勝利の瞬間、何度も握りこぶしを作られていましたが、どんな気持ちですか?

 

(福谷)とにかくチームが勝ててホッとしてます。

 

今日はベイスターズ打線を散発の4安打6奪三振フォアボール1つ、117球という非常に内容の濃いピッチングだったと思うんですが、いかがでしたしょう?

 

(福谷)そうですね、開幕してからあまりいいピッチングできてなかったんで、なんとかゲーム作りたいと思って、必死に腕降りました。

 

開幕投手として早く白星をあげたいという思いもあったと思います。そのあたりどんなお気持ちで今日はマウンドに向かったんですか?

 

(福谷)自分の勝ちよりもやっぱりゲーム作って、良い流れで後ろに繋ぎたいっていう気持ちはずっと持ってやってるんで、今日はやっとそれができました。

 

それが実を結んだのが、6回7回8回見事な三者凡退でしたね。

 

(福谷)そんな感じは自分の中ではしてないんですけど、1球1球木下のリードに必死に応えて必死に腕を振りました。

 

そして8回を投げ終えて後は託したという8回の裏、そのリードしていた木下拓哉選手の執念のヒットがありました。

 

(福谷)まさかでしたね。ああいう点の入り方はちょっと想像してなかったんですけど、本当に高松足早いですね。

 

どんな思いで見てらっしゃいました?

 

(福谷)さすがにちょっと点厳しいのかなって、正直思ってた部分があって、2アウトでしたし、びっくりしました。

 

あの点がまさに今シーズンの福谷投手の初勝利を導いた、初勝利をもたらした点でしたね。

 

(福谷)そうですね、もうとにかくチームが勝ててもうそれが一番です。

 

さあ、これでチームは今シーズン初めての連勝ということになりました。一つ波に乗るきっかけを掴んだんではないでしょうか?

 

(福谷)そうですね、チームもそうですけど、僕自身もこれに乗ってどんどん次から良いピッチングできるように頑張っていきたいと思います。

 

では改めてドラゴンズファンの皆様に次の投球への意気込みをお願いします。

 

(福谷)はい、今日もたくさん応援ありがとうございました。次も良いピッチングできるようにしっかり練習します。またよろしくお願いします。ありがとうございました。

 

見事今シーズン初勝利、福谷投手でした。ありがとうございました 。

 

(福谷)ありがとうございました。